(最終更新日:2024-05-13 09:53:18)
  サトウ ノゾミ   SATO Nozomi
  佐藤 希
   所属   経済学部 経済学科
   職種   講師
■ 専門分野
開発経済学, ジェンダー (キーワード:開発経済学、南アジア、女性のエンパワーメント) 
■ 学歴(学位)
1. 神戸大学 国際協力研究科 博士後期課程修了 博士(学術)
■ 職歴
1. 2018/04~2021/03 神戸大学大学院 国際協力研究科 助教
2. 2021/04~ 愛知学院大学 経済学部 経済学科 講師
■ 学会発表
1. 2023/11 母親の自助組織活動への参加による娘の婚姻に与える影響-インド・アーンドラ・プラデーシュ州農村部の事例-(第34回国際開発学会全国大会)
2. 2022/12 女性自助組織活動と公的雇用保証政策は女性の民間での雇用にどのような影響を及ぼしたのか? -インド・アーンドラ・プラデーシュ州農村部の事例-(第33回国際開発学会全国大会)
3. 2021/11 ベトナム中部における妊産婦の検診・出産における医療施設選択行動の分析(第32回国際開発学会全国大会)
4. 2021/09 インド農村部における女性自助組織活動と全国農村雇用保障法に関する実証分析(RIEBセミナー(科研基盤研究(C)「インドにおける内部労働市場の発達:ミクロデータとフィールド調査を利用して」/南アジア地域研究東京大学拠点(TINDAS)共催))
5. 2020/12 インド農村部における女性の労働市場参加の現状-女性自助組織活動、全国農村雇用保障法に焦点を当て-(第31回国際開発学会全国大会)
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 国際開発学会
■ 著書・論文歴
1. 2023/06 論文  インドネシア医療ボランティアの活動報酬に対する選好-離散選択実験による実証分析-  227(4),107-119頁 (共著) 
2. 2022/02 論文  ベトナム中部における妊産婦の検診・出産時の医療施設選択行動  (2),117-131頁 (単著) 
3. 2022 論文  The Effects of Women's Self-Help Group Participation on Domestic Violence in Andhra Pradesh, India. Feminist Economics 28(1),pp.29-55 (共著) 
4. 2021/06 論文  インド農村部における女性自助組織活動と全国農村保障法に関する実証分析 国民経済雑誌 223(6),57-71頁 (共著) 
5. 2019/06 論文  南インドにおけるダウリー習慣と家庭内暴力-女性自助組織への参加はダウリーと家庭内暴力との関係をどのように変化させたか- 国民経済雑誌 219(6),35-52頁 (共著) 
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017~2018  南インド農村部における女性の自助組織活動と家庭内暴力 -ダウリー習慣を考慮した分析- その他の補助金・助成金 
2. 2018~2019  南インドにおけるダウリー習慣と家庭内暴力 -自助組織参加者・非参加者の比較分析- その他の補助金・助成金 
3. 2022~2025/03  南インドにおける女性のエンパワーメントと社会規範、社会制度の変容 科学研究費助成事業 基盤研究(C)