(最終更新日:2021-07-14 11:01:47)
  オオサワ スグル   OOSAWA Suguru
  大澤 傑
   所属   文学部 英語英米文化学科
   職種   講師
■ 専門分野
国際関係論, 政治学 (キーワード:政治体制論、体制変動論) 
■ 学歴(学位)
1. 2016/04~2019/03 防衛省 防衛大学校 総合安全保障研究科 博士課程修了 博士(安全保障学)
■ 職歴
1. 2019/04~2021/03 駿河台大学 法学部 助教
2. 2021/04~ 愛知学院大学 文学部 英語英米文化学科 講師
■ 学会発表
1. 2021/03/11 民主主義の後退はリベラルな国際秩序に対する脅威か ―東南アジアとラテンアメリカの地域間比較を通じて(防衛大学校グローバル・セキュリティーセンターコロキアム)
2. 2021/01/09 The Pathway to Personal rule in Nicaragua: A Domestic and International Politics Perspective(92nd Southern Political Science Association Annual Conference)
3. 2020/11/15 ラテン・アメリカにおける民主主義の後退と国際秩序の相互作用(グローバル・ガバナンス学会第13回研究大会)
4. 2020/10/23 米州ボリバル同盟の設立と変容を説明する要因は何か ―IR 理論と地域研究の可能性と限界(日本国際政治学会2020年度研究大会)
5. 2020/08/21 <ブック・トーク>『独裁が揺らぐとき―個人支配体制の比較政治』(ラテン・アメリカ政経学会オンライン・ラウンドテーブル)
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 2011/06~ 日本防衛学会
2. 2013/09~ 国際安全保障学会
3. 2021/01~ ∟ 書評委員
4. 2016/09~ 日本比較政治学会
5. 2017/10~ 日本政治学会
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2018/05 権力移行期における軍事戦略の転換―『攻勢戦略』から『攻守一体戦略』へ
2. 2018/07 比較政治学から見る北朝鮮
3. 2020/12 知ったか!ティーンエイ辞典
4. 2021/01 知ったか!ティーンエイ辞典
■ 著書・論文歴
1. 2021/06/21 論文  Asymmetry Theory and China–Philippines Relations with the South China Sea as a Case East Asia  (共著) 
2. 2021/03 論文  ラテンアメリカにおけるリベラルな国際秩序への挑戦と挫折―米州ボリバル同盟を事例として 駿河台法学 34(2),81-104頁 (単著) 
3. 2021/03 論文  動態的な恩顧主義政治体制論―戦後日本における内外二重恩顧主義の変容 公共研究 17(1),181-243頁 (共著) 
4. 2020/03 著書  独裁が揺らぐとき―個人支配体制の比較政治   (単著) 
5. 2020/01 論文  民主主義と基地の政治学に関する理論的考察 駿河台法学 33(2),89-104頁 (単著) 
全件表示(16件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/02~2017/03  個人支配体制の遺産:フィリピンを事例に 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2017/09~2017/10  ラテンアメリカにおける個人支配体制の成立:パラグアイを事例に― 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2018/07~2020/07  日米パートナーシップ・プログラム その他の補助金・助成金 
4. 2019/04~2021/03  フィリピンにおける米軍基地問題を巡る政策決定過程と安全保障上の効果 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2019/10~2021/03  権威主義体制の誕生における経路依存性:東南アジア諸国を対象とした比較分析 2019年度 第2回 研究活動スタート支援 
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/01 生協総合研究所 生協総研賞
2. 2017/01 カクタス・コミュニケーションズ株式会社 エディテージ研究費奨励賞