(最終更新日:2019-06-05 09:23:44)
  イワタカズオ   IWATA Kazuo
  岩田和男
   所属   総合政策学部 総合政策学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
ジェンダー, 英米・英語圏文学, 社会学, 芸術一般 (キーワード:英文学、米文学、比較文学、映像論、ジェンダー論) 
■ 学歴(学位)
1. 名古屋大学 文学研究科 修士課程修了 修士(英文学)
■ 職歴
1. 1979/09~1983/04 大阪府立大学 総合科学部 助手
2. 1983/05~1984/03 大阪府立大学 総合科学部 専任講師
3. 1984/04~1990/10 愛知学院大学 教養部 教養部本属 講師
4. 1990/11~1998/03 愛知学院大学 教養部 教養部本属 助教授
5. 1996/04~1997/03 Princeton University Faculty of English 客員研究員
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2018/10/27 語る・書くことの効用―臨床・心理学の立場から・犯罪者・フクシマ―(日本英文学会中部支部第70回大会)
2. 2017/09/16 アダプテーションとインターテクスチュアリティ再考(日本アメリカ文学会中部支部9月例会)
3. 2015/12/05 『残菊物語』の音のコラボを考える(日本比較文学会第39回中部大会)
4. 2015/05/09 音とコラボレートする(日本比較文学会第38回中部大会)
5. 2014/12/06 アダプテーションをめぐって(日本比較文学会第37回中部大会)
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 1979~ 日本エズラ・パウンド協会
2. 1979~ 名古屋大学英文学会
3. 2007~2009 ∟ 編集委員
4. 2008~2009 ∟ 編集委員長
5. 1980~ 日本英文学会
全件表示(20件)
■ 著書・論文歴
1. 2017/03 著書  アダプテーションとは何か――文学/映画批評の理論と実践   (共著) 
2. 2017/03 論文  2016年度福島県川俣町山木屋地区視察報告 政策科学 (8),1-5頁 (単著) 
3. 2017/03 論文  アダプテーションと間テクスト性の関係からインタフェースを考える 総合政策研究 19(2),23-37頁 (単著) 
4. 2017/03 論文  愛河保全運動と民主意識とジェンダー――台湾高雄市・市民活動家許玲齢氏へのインタビュー記録―― 政策科学 (8),31-37頁 (単著) 
5. 2017/03 論文  台湾の民主化が家族生活に与えた影響――張金生ご夫妻へのインタビュー記録に基づく考察―― 政策科学 (8),17-30頁 (単著) 
全件表示(19件)
■ 講師・講演
1. 2013/06 ドイツ政治・経済とジェンダーの微妙な関係―ドイツ視察報告―(愛知学院大学)
2. 2014/01 震災・原発と私たち、そしてコミュニティ――安全神話崩壊にどう向き合うべきか?――(愛知学院大学)
3. 2015/02 復興5年を直前に控えて――福島県伊達郡川俣町山木屋地区の場合――(愛知学院大学)
4. 2015/06 大韓民国における政治・文化を基盤にしたコミュニティ形成と発展(愛知学院大学)
5. 2016/06 台湾調査研究報告(愛知学院大学)
全件表示(8件)