(最終更新日:2019-06-04 10:55:24)
  コヤス カズヒロ   KOYASU Kazuhiro
  子安 和弘
   所属   歯学部 解剖学講座
   職種   講師
■ 現在の専門分野
キーワード:解剖学・発生進化学・生物多様性 
■ 学歴(学位)
1. 1980/04~1981/03 愛知学院大学 歯学部 専科専攻生
2.
(学位取得)
愛知学院大学 博士(歯学)
3. 信州大学 理学士
■ 職歴
1. 1973/10~1974/02 アジスアベバ大学 理学部 客員研究員
2. 1981/04~1995/01 愛知学院大学 歯学部 解剖学講座 助手
3. 1995/02~ 愛知学院大学 歯学部 解剖学講座 講師
4. 2004/06~2005/05 在外研究員(ローザンヌ大学、スイス共和国) 医学生物学部 在外研究員
■ 学会発表
1. 2019/07/27 カモシカ胎仔におけるマーシャル静脈と奇静脈系について(第124回日本解剖学会総会・全国学術集会)
2. 2019/03/26 スンクスにおいて重複する前大静脈の意義とヒトにおけるマーシャル静脈について(スンクス研究会)
3. 2018/09/06 ニホンカモシカ(Capricornis crispus)の胎仔発生における歯の石灰化プロセス(第60回歯科基礎医学会大会)
4. 2017/12/03 イヌ外胚葉異形成症における歯冠形態の変異(愛知学院大学歯学会第91回学術大会)
5. 2017/09/18 イヌ科フォークヘッド・ボックス遺伝⼦ I3(FoxI3)のフレームシフト変異はトリボスフェニック型⼤⾅⻭進化におけるメタコニッドの回転を否定する(第59回歯科基礎医学会大会)
全件表示(22件)
■ 所属学会
1. 1976/01~ 日本哺乳類学会
2. 2009/01~2010/12 ∟ 評議員
3. 2009/01~2012/12 ∟ 事務局長
4. 2009/01~ ∟ アーカイブ担当
5. 2011/01~2012/09 ∟ 会計幹事
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 2012/11 論文  ニホンカモシカにおいて認められた歯列異常と口腔疾患 マンモ・ス特別号 (13),19-32頁 (共著) 
2. 2012/07 論文  Maxillary tooth size variability and influence of hypdontia in the Suncus murinus. Mammalia 76(2012),pp.315-322 (共著) 
3. 2011/12 論文  愛知県産ニホンジカ(Cervus nippon)捕獲個体の齢査定および妊娠率調査(2010年度) マンモ・ス特別号 (13),1-10頁 (共著) 
4. 2011/02 著書  スンクスの生物学  17-23頁 (共著) 
5. 2011/01 論文  歯の形態からみる生物多様性 山と博物館 56(1),2-4頁 (共著) 
全件表示(20件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/06 愛知県博物館協会功労賞
■ 担当経験のある科目
1. 解剖学(愛知学院大学薬学部)
2. 人体の構造講義(愛知学院大学歯学部)
3. 人体の構造実習(愛知学院大学歯学部)
4. 頭頸部解剖学実習(愛知学院大学歯学部)