(最終更新日:2021-05-04 22:31:29)
  ハシモト ヨウコ   HASHIMOTO Yoko
  橋本 洋子
   所属   歯学部 生化学
   職種   講師
■ 専門分野
医化学, 代謝、内分泌学 (キーワード:カテプシン、細胞内輸送、植物油脂、ビタミンK、糖尿病、動脈硬化、慢性腎不全、生活習慣病) 
■ 主要学科目
生命の分子的基盤
■ 学歴(学位)
1. 1972/04~1976/03 名古屋市立大学 薬学部 薬学科 卒業
2. 1989/06/26
(学位取得)
名古屋市立大学 薬学博士 (皮膚科学)
■ 職歴
1. 1976/04~1995/04 愛知学院大学 歯学部 生化学 助手
2. 1990/06~1992/05 米国 ノースキャロライナ大学 デンタルリサーチセンター ポストドクトラルフェロー
3. 1995/05~ 愛知学院大学 歯学部 生化学 講師
■ 学会発表
1. 2018/07/04 Canola oil toxicity in SHRSP and its sex difference(18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology [Kyoto])
2. 2017/09/23 カノーラ油によるビタミンK2、D3の合成阻害と多臓器障害(環境ホルモンシンポジウム、日本脂質栄養学会第26回大会 [東京])
3. 2017/09/22 SHRSP におけるカノーラ油毒性(日本脂質栄養学会第26回大会 [東京])
4. 2016/03/29 SHRSP におけるカノーラ油摂取による有害効果の性差(日本薬学会第136年会 [横浜])
5. 2016/03/10 カノーラ油摂取が SHRSP のステロイドホルモン代謝に及ぼす影響(第89回日本薬理学会年会 [横浜])
全件表示(97件)
■ 所属学会
1. 1976/04~ 日本生化学会
2. 1996/04~ 日本癌学会
3. 1996/04~ 日本軟骨代謝学会
4. 2012/04~ 日本脂質栄養学会
5. 2017/01~2022/12 ∟ 評議員
全件表示(7件)
■ 社会における活動
1. 2019/12~ 日本脂質栄養学会 「食用油脂安全性委員会」 委員
■ 著書・論文歴
1. 2021/05 著書  Lipid Nutrition Guidelines   (共著) 
2. 2020/01 論文  Dietary soybean oil, canola oil and partially-hydrogenated soybean oil affect testicular tissue and steroid hormone levels differently in the miniature pig Food and Chemical Toxicology  (共著) 
3. 2019/09 著書  日本人は絶滅危惧民族 ー誤った脂質栄養が拍車ー   (共著) 
4. 2017/06 著書  糖尿なのに脂質(あぶら)が主因!   (共著) 
5. 2017/06 論文  Statins cause lifestyle-related diseases-biochemical mechanism Endocrinology and Diabetes Research 3(2) (共著) 
全件表示(55件)
■ 講師・講演
1. 2007/04 生化学で長生き  ーアルコール代謝を中心にー(四日市)
2. 2013/07 身体に良い油、悪い油(金沢)
3. 2019/04 スタチンは生活習慣病を引き起こす  ーそのメカニズムについてー(津)
■ 資格・免許
1. 1976/07/07 薬剤師登録
■ 受賞学術賞
1. 1992/02 The Fourth International Conferance on Chemistry and Biology of Mineralized Tissues (San Diego). A Young Investigator Travel Award.