(最終更新日:2022-05-17 11:19:48)
  アライ ミチツグ   ARAI Michitsugu
  新井 通次
   所属   短期大学部 衛生/教員
   職種   教授
■ 専門分野
薬理学, 常態系口腔科学 (キーワード:薬理学、骨代謝) 
■ 学歴(学位)
1. 東京教育大学 理学部 生物学 卒業 博士(歯学)
■ 職歴
1. 1975/04~1993/06 愛知学院大学 歯学部 薬理学 助手
2. 1993/07~2010/11 愛知学院大学 歯学部 薬理学 講師
3. 2010/12~2011/03 愛知学院大学 歯学部 薬理学 准教授
4. 2011/04~2015/06 愛知学院大学短期大学部 短期大学部 衛生/教員 准教授
■ 学会発表
1. 2013/07/12 高血圧自然発症ラット(SHR)の骨代謝に及ぼすβ-アドレナリン受容体遮断薬の用量効果(第123回日本薬理学会近畿部会)
2. 2012/09/03 Butoxamine, a selective beta2-adrenergic antagonist, prevents bone loss and fragility in spontaneously hypertensive rat(1st Asia-pacific Bone and Mineral Research meeting and the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting)
3. 2011/11/19 Effects of beta-blockers on bone metabolism in spontaneously hypertensive rats(43rd Annual Scientific Congress Korean Association of Orthodontics)
4. 2011/07/28 選択的β2-アドレナリン受容体遮断薬ブトキサミンは高血圧自然発症ラット(SHR)における骨吸収を抑制する(第29回日本骨代謝学会)
5. 2011/06/26 フェノチアジン誘導体の破骨細胞形成抑制作用(第31回日本歯科薬物療法学会)
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1975/04~ 愛知学院大学歯学会
2. 1997/04~ ∟ 評議員
3. 1975/11~ 歯科基礎医学会
4. 1975/11~ 日本薬理学会
5. 2009/04~ ∟ 評議員
全件表示(10件)
■ 著書・論文歴
1. 2021/03/31 論文  薬理学研究材料としてラット切歯の有用性:テトラサイクリンの硬組織形成障害  (29),5-7頁 (単著) 
2. 2020/03/31 論文  脳内のニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)を介す喫煙と糖尿病の関係 愛知学院大学短期大学部研究紀要 (28),5-6頁 (単著) 
3. 2017/01/10 著書  歯科衛生士テキスト 最新薬理学   (共著) 
4. 2015/03/01 論文  骨と神経 交感神経系を介した骨代謝の調節機構 日薬理誌 145(3),140-145頁 (共著) 
5. 2014 論文  Selective beta2-adrenergic antagonist butoxamine reduces orthodontic tooth movement J Dent Res 93(8),pp.807-812 (共著) 
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2005/10 有病者の歯科治療を薬理学から考える
2. 2011/07 薬理学から見る全身性の疾患と歯科との関係
■ 受賞学術賞
1. 2007/07 日本骨代謝学会 第25回日本骨代謝学会学術集会優秀ポスター賞
2. 2011/06 日本歯科薬物療法学会 第31回日本歯科薬物療法学会優秀発表賞
3. 2011/07 日本骨代謝学会 第29回日本骨代謝学会学術集会優秀ポスター賞
■ 担当経験のある科目
1. 人間と生物(愛知学院大学短期大学部)
2. 人体と口腔の感染と免疫(愛知学院大学短期大学部)
3. 人体と歯科の薬物(愛知学院大学短期大学部)
4. 生体と薬物(薬理学)(愛知学院大学歯学部)
5. 薬理概論(愛知学院大学心身科学部)