(最終更新日:2019-07-24 11:17:52)
  チノナオヒト   CHINO Naohito
  千野直仁
   所属   心身科学部 心理学科
   職種   客員教授
■ 現在の専門分野
数学一般(含確率論・統計数学), 社会心理学 (キーワード:計量心理学、数理心理学) 
■ 主要学科目
計量心理学、心理統計学、総合研究演習 I-II (プレゼミ)、総合研究演習 III-IV (ゼミ)、計量心理学研究講義(大学院)
■ 学歴(学位)
1. 名古屋大学 教育学研究科 修士課程修了 教育学博士
■ 職歴
1. 1972/04~1976/03 愛知学院大学 文学部 心理学科 助手
2. 1976/04~1983/03 愛知学院大学 文学部 心理学科 講師
3. 1983/04~1992/09 愛知学院大学 文学部 心理学科 助教授
4. 1992/04~2018/03 愛知学院大学大学院 心身科学研究科 心理学専攻 教授
5. 1992/10~2003/03 愛知学院大学 文学部 心理学科 教授
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2018/09/26 変化をとらえるダイナミカルシステムアプローチ(日本心理学会公開シンポジウム)
2. 2016/07/29 A general non-Newtonian n-body problem and dynamical scenarios of solutions(The 31st International Congress of Psychology)
3. 2014/02/15 A Hilbert state space model for the formation and dissolution of affinities among members in informal groups.(The workshop on The Problem Solving through the Applications of Mathematics to Human Behaviors)
4. 2013/09/06 Hermitian operators, observables, and energy in dynamical asymmetric MDS.(The 41th annual meeting of The Behaviormetric Society of Japan)
■ 所属学会
1. 1972/04~2009/03 日本グループダイナミックス学会
2. 1972/04~2017/03 The Psychometric Society
3. 1972/04~2018/03 日本教育心理学会
4. 2000/01~2003/01 ∟ 編集委員
5. 1972/04~2018/03 日本統計学会
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 1995/04~1995/04 IFCS AWARDS (国際分類学会連合賞)1995年候補者審査委員
■ 著書・論文歴
1. 2016/01 論文  Relationship among communication self-efficacy, communication burden, and the mental health of the families of persons with aphasia. Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases 25(1),pp.197-205 (共著) 
2. 2012/04 著書  非対称MDSの理論と応用   (共著) 
3. 2012/01 論文  A brief survey of asymmetric MDS and some open problems Behaviormetrika 39(1),pp.127-165 (単著) 
4. 2010/01 著書  Q&A で知る統計データ解析 Do's and Don'ts、第2版   (共著) 
5. 2009/06 著書  数理心理学   (共著) 
全件表示(10件)
■ 講師・講演
1. 1980/08 A unified geometrical interpretation of the MDS techniques for the analysis of asymmetry and related techniques(Iowa, U.S.A.)
2. 2006/03 Asymmetric multidimensional scaling and related topics(Berlin, Germany)
■ 受賞学術賞
1. 1986/05 日本労務学会研究奨励賞
2. 1990/01 日本経営協会経営科学研究奨励賞