(最終更新日:2020-09-17 18:21:53)
  ノグチ トモヒロ   NOGUCHI Tomohiro
  野口 倫央
   所属   商学部 商学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
会計学 (キーワード:財務会計、国際会計、連結会計、無形資産会計) 
■ 学歴(学位)
1. 愛知学院大学 経営学研究科 博士課程修了 博士(経営学)(会計学)
■ 職歴
1. 2012/04~2014/03 豊橋創造大学 経営学部経営学科 専任講師
2. 2014/04~2017/03 東海学園大学 経営学部経営学科 助教・准教授
3. 2017/04~ 愛知学院大学 商学部 商学科 准教授
■ 学会発表
1. 2019/09 IFRSと日本基準のレリバンス比較 ―のれんの会計処理が及ぼす影響(日本経済会計学会第2回西日本部会)
2. 2019/08 IFRSの任意適用が財務報告の質に及ぼす影響(国際会計研究学会第36回研究大会)
3. 2019/06 無形資産投資と利益の価値関連性―日本基準とIFRSの比較―(日本会計研究学会第143回中部部会)
4. 2018/09 IFRS適用と財務情報の価値関連性(国際会計研究学会第35回研究大会)
5. 2018/03 IFRS適用日本企業における財務報告の質 ―価値関連性に焦点を当てて(日本経営分析学会関東・関西・中部合同研究部会)
全件表示(23件)
■ 所属学会
1. 2008/04~ 日本会計研究学会
2. 2009/04~ 国際会計研究学会
3. 2017/09~ ∟ 幹事(国際交流担当)
4. 2009/04~ 日本簿記学会
5. 2012/04~2019/06 日本経営分析学会(2019年6月に日本ディスクロージャー研究学会と統合し、日本経済会計学会に改組)
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2009/11~ 租税教室における講師
2. 2020/03~ 愛知学院大学地域連携センター専門家委員
■ 著書・論文歴
1. 2020/09 著書  『IFRS適用の知見―主要諸国と日本における強制適用・任意適用の分析―』   (共著) 
2. 2020/03 著書  『続・ズバッ!とわかる会計学』   (共著) 
3. 2020/03 論文  「のれんの非償却は財務情報の価値関連性を向上させるか?―IFRS適用企業と日本基準適用企業の比較―」 『商学研究』(愛知学院大学) 60(2-3),1-13頁 (単著) 
4. 2019/08 論文  「IFRSの任意適用が財務報告の質に及ぼす影響」 『IFRSの強制適用に関する国際比較研究―最終報告―』 (国際会計研究学会研究グループ最終報告書) 239-255頁 (単著) 
5. 2019/08 その他  「のれんの減損損失 ―突如現れる巨額損失」 『会計人コース』 54(10),72-74頁 (単著) 
全件表示(27件)
■ 講師・講演
1. 2013/10 sozo起業塾
■ 資格・免許
1. 2008/06 税理士
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/09~2019/09  IFRSの強制適用に関する国際比較研究 国内共同研究 
2. 2018/04~2019/03  日本企業のIFRS適用と国際競争力の関連性:リスクテイク投資に焦点を当てて その他の補助金・助成金 
3. 2019/04~2020/03  IFRS適用によるリスクテイク投資の促進と国際競争力強化に関するメカニズムの解明 その他の補助金・助成金 
4. 2019/09~  日本の中小企業会計の基礎概念に関する研究 国内共同研究 
5. 2020/04~2021/03  日本企業のIFRS任意適用に伴う会計情報への影響とメカニズムの解明 その他の補助金・助成金 
■ 学外委員会・協会等
1. 2020/03 名古屋市商店街人材育成事業実行委員会 事業承継支援事業派遣専門家(税理士)
■ 受賞学術賞
1. 2018/10 日本経営分析学会 日本経営分析学会 若手奨励論文賞
■ 担当経験のある科目
1. 商学特論Ⅹ(愛知学院大学)
2. 税務会計論A・B(愛知学院大学)
3. 簿記ⅠA・ⅠB(愛知学院大学)
4. 簿記ⅡA・ⅡB(愛知学院大学)