(最終更新日:2020-05-18 11:29:31)
  イノウエ ヒトミ   INOUE Hitomi
  井上 瞳
   所属   文学部 歴史学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
美術史, 博物館学 (キーワード:日本近代美術史、博物館学、ジャポニスム) 
■ 学歴(学位)
1. 2018/04~2020/03 東京大学 人文社会系研究科 修士課程修了 修士(文学)
2. 1989/04~1993/03 東京芸術大学 美術学部 芸術学科 卒業 学士(美術)
3. 1996/01~1997/02 ハーバード大学 エクステンション・スクール 博物館学コース修了
■ 職歴
1. 2016/04~ 愛知学院大学 文学部 歴史学科 准教授
2. 1999/04~2016/03 名古屋ボストン美術館 学芸部 学芸員
3. 2013/10~2018/03 愛知県立芸術大学 美術学部 非常勤講師
4. 2017/04~2017/09 金城学院大学 非常勤講師
5. 2007/10~2008/09 愛知淑徳大学 文化創造学部 非常勤講師
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2019/09/29 法明院とフェノロサ、ビゲロー(日本フェノロサ学会大会)
2. 2019/02/23 ジョン・ラファージと日本美術(ジョン・ラファージの中世主義-ジャポニスムとステンドグラス復興-)
3. 2018/09/08 ウィリアム・ビゲローの求めた涅槃―ボストン・ブラーミンと東洋思想の受容(明治美術学会第3回例会)
4. 2017/07/02 アメリカの美術館経営―ボストン美術館における事例を中心にー(全日本博物館学会第43回研究大会)
■ 所属学会
1. 2011/04~ 美術史学会
2. 2015/04 ジャポニスム学会
3. 2016/10~ 全日本博物館学会
4. 2017/04~ ICOM(世界博物館会議)
5. 2018/03 ∟ ICOM 京都ICOFOM(博物館学国際委員会)担当委員
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2019/09~ ICOM-ASPACボードメンバー
2. 2018~ 豊田市美術館運営協議会 運営委員 副委員長
3. 2019/04~ 大垣市教育振興基本計画(文化振興分野)策定委員会 委員
4. 2018~ 大垣市文化財審議会 委員
5. 2014/11~2019/09 愛知県史編さん委員会調査協力員
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/03 論文  ジョン・ラファージが求めた涅槃―《瞑想の観音》をめぐる一考察 ジャポニスム研究 (39号),16-39頁 (単著) 
2. 2019/12 論文  ウィリアム・スタージス・ビゲローの仏教思想と文化支援―祈りと芸術の結合を求めて 近代画説  (単著) 
3. 2019/03 論文  近代の法明院―桜井敬徳と文化財保護に捧げた人々 「フェノロサの愛した寺 法明院―三井寺北院の名刹」図録 42-45頁 (共著) 
4. 2018/09 論文  ジョン・ラファージにおける日本  (第33号) (単著) 
5. 2018/09 論文  オールドノリタケ(第3章陶磁・工芸 第2節名古屋城下のやきもの2) 愛知県史 別偏工芸(文化財5工芸) 242-245頁 (共著) 
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2017/09 国宝はこうして生まれた―文化財保護の歴史(愛知学院大学 名城公園キャンパス 明倫ホール)
2. 2018/01 「ウィーンに六段の調べ(ブラームスと戸田伯爵極子夫人)」をめぐって(奥の細道むすびの地記念館)
■ 教育方法の工夫・教科書作成
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1999/04/01~2016/03/31 名古屋ボストン美術館 学芸部 学芸員(2003年~係長、2013~課長)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~  ウィリアム・スタージス・ビゲローの日米における文化支援活動 基盤研究(C) 
2. 2017/09  アメリカの美術館経営 個人研究 
3. 2003  「江戸のものつくり」「モース・コレクションの陶磁器に関する調査研究」班、「モース・コレクションの陶磁器―尾張」 特定領域研究 
4. 2002  「江戸のものつくり」「モース・コレクションの陶磁器に関する調査研究」班、「モース・コレクションの陶磁器―志野・織部」 特定領域研究 
■ 受賞学術賞
1. 2015/04 ジャポニスム学会 ジャポニスム学会展覧会賞 (「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」)