(最終更新日:2019-06-04 18:54:43)
  ミゾグチアキラ   MIZOGUCHI Akira
  溝口明
   所属   教養部 教養部本属
   職種   教授
■ 現在の専門分野
形態・構造(比較内分泌学), 昆虫科学(昆虫生理生化学、昆虫発生、季節適応) 
■ 学歴(学位)
1. 1977/04~1982/03 名古屋大学 理学研究科 生物学専攻 博士課程修了 形態・構造理学博士
■ 職歴
1. 1986/09~1989/09 名古屋大学 理学部 助手
2. 2015/04~ 愛知学院大学 教養部 教養部本属 教授
■ 学会発表
1. 2015/09/17 カイコガ生殖器原基の成長発達のホルモン調節機構(日本動物学会第86回大会)
2. 2015/09/17 ヨトウガ蛹休眠の休眠覚醒後の成虫発生を制御する内分泌機構(日本動物学会第86回大会)
3. 2014/09/11 カイコガ生殖器原基の成長発達のホルモン調節機構(日本動物学会第85回大会)
4. 2014/09/11 ヨトウガ蛹休眠の休眠覚醒を制御する内分泌機構(日本動物学会第85回大会)
5. 2013/09 カイコガ生殖器原基の発達に及ぼすエクジステロイドとIGF様ペプチドの協同作用(日本動物学会第84回大会)
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1978/04~ 日本動物学会
■ 著書・論文歴
1. 2019/03 論文  Bombyxin (Bombyx insulin-like peptide) increases the respiration rate through facilitation of carbohydrate catabolism in Bombyx mori. Frontiers in Endocrinology 10,pp.150 (共著) 
2. 2019/02 論文  Functional characterization of insect-specific RabX6 of Bombyx mori. Histochemistry and Cell Biology 151(2),pp.187-198 (共著) 
3. 2017 論文  Endocrine changes during diapause development in the cabbage army moth Maestra brassicae. Physiological Entomology 42(3),pp.239-245 (共著) 
4. 2017 論文  Identification of ecdysteroidogenic enzyme genes and their expression during pupal diapause in the cabbage armyworm Mamestra brassicae. Insect mol. Sci. 26,pp.286-297 (共著) 
5. 2017 論文  Insulin-like growth factor (IGF)-like peptide and 20-hydroxyecdysone regulate the growth and development of the male genital disk through different mechanisms in the silk moth, Bombyx mori. Insect Biochemistry and Molecular Biology 87,pp.35-44 (共著) 
全件表示(19件)
■ 講師・講演
1. 2012/12 環境による昆虫蛹休眠の調節(福井市)
■ 教育方法の工夫・教科書作成
●作成した教科書、教材
1. 2018/04~2018/07 講義用スライドおよび資料の作成
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2016/03  新規PTTH受容体の精製と構造決定 国内共同研究 (キーワード:前胸腺シゲキホルモン、受容体、カイコガ)
2. 2015/04~2018/03  昆虫の成虫原基の成長発達を誘導する内分泌メカニズムの解明 国内共同研究 (キーワード:エクジステロイド、IGF様ペプチド、成虫原基、カイコガ)