(最終更新日:2022-05-17 16:33:57)
  ミゾグチ アキラ   MIZOGUCHI Akira
  溝口 明
   所属   教養部 教養部本属
   職種   客員教授
■ 専門分野
形態・構造(比較内分泌学), 昆虫科学(昆虫生理生化学、昆虫発生、季節適応) (キーワード:昆虫ホルモン、成長、変態、休眠) 
■ 学歴(学位)
1. 1977/04~1982/03 名古屋大学 理学研究科 生物学専攻 博士課程修了 形態・構造理学博士
■ 職歴
1. 1986/09~1989/09 名古屋大学 理学部 助手
2. 2015/04~2020/03 愛知学院大学 教養部 教養部本属 教授
3. 2020/04~ 愛知学院大学 教養部 教養部本属 客員教授
■ 学会発表
1. 2015/09/17 カイコガ生殖器原基の成長発達のホルモン調節機構(日本動物学会第86回大会)
2. 2015/09/17 ヨトウガ蛹休眠の休眠覚醒後の成虫発生を制御する内分泌機構(日本動物学会第86回大会)
3. 2014/09/11 カイコガ生殖器原基の成長発達のホルモン調節機構(日本動物学会第85回大会)
4. 2014/09/11 ヨトウガ蛹休眠の休眠覚醒を制御する内分泌機構(日本動物学会第85回大会)
5. 2013/09 カイコガ生殖器原基の発達に及ぼすエクジステロイドとIGF様ペプチドの協同作用(日本動物学会第84回大会)
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1978/04~ 日本動物学会
■ 著書・論文歴
1. 2021/10/30 著書  多様性の内分泌学 -ホルモンの統合的理解のために   (共著) 
2. 2021/10 論文  Relationship between Rab and insulin-like proteins in the nervous system of Bombay mori. European Journal of Entomology 118,pp.301-314 (共著) 
3. 2021/04/13 論文  Comparisons in temperature and photoperiodic-dependent diapause induction between domestic and wild mulberry silkworms. Scientific Reports 11,pp.8052 (共著) 
4. 2020/12/21 論文  Maternal GABAergic and GnRH/corazonin pathway modulates egg diapause phenotype of the silkworm Bombyx mori. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 118,pp.e2020028118 (共著) 
5. 2020/02 著書  Endocrine Control of Pupal Diapause in the CabbageArmy Moth Mamestra brassicae. In: Advances in Invertebrate (Nemuro)Endocrinology.   (単著) 
全件表示(25件)
■ 講師・講演
1. 2012/12 環境による昆虫蛹休眠の調節(福井市)
■ 教育方法の工夫・教科書作成
1. 2018/04~2018/07 講義用スライドおよび資料の作成
2. 2021/04~2021/07 授業スライドの作成
3. 2021/09~2022/01 実習用資料およびレポート講評の作成、実習代替教材および演習課題の作成
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2016/03  新規PTTH受容体の精製と構造決定 国内共同研究 (キーワード:前胸腺シゲキホルモン、受容体、カイコガ)
2. 2015/04~2018/03  昆虫の成虫原基の成長発達を誘導する内分泌メカニズムの解明 国内共同研究 (キーワード:エクジステロイド、IGF様ペプチド、成虫原基、カイコガ)