(最終更新日:2022-05-11 16:41:32)
  マルヤマ ワカコ   MARUYAMA Wakako
  丸山 和佳子
   所属   心身科学部 健康栄養学科
   職種   教授
■ 専門分野
病態医化学, 神経内科学, 医化学 (キーワード:神経変性、脳老化、酸化ストレス、ニュートリゲノミクス、神経保護) 
■ 学歴(学位)
1. 1980/04~1986/03 名古屋大学 医学部 卒業
2. 1990/04~1993/03 名古屋大学 医学研究科 博士課程修了 博士(医学)(神経内科学)
■ 職歴
1. 1986/04~1990/03 名古屋第一赤十字病院 医師
2. 1996/05~2004/02 国立療養所中部病院長寿医療研究センター 老化機構研究部生化学・代謝研究室 室長
3. 2004/03~2005/02 国立長寿医療研究センター 老化機構研究部代謝研究室 室長
4. 2005/03~2010/03 国立長寿医療センター 老年病研究部 部長
5. 2010/04~2015/03 独立行政法人国立長寿医療研究センター 加齢健康脳科学研究部 部長
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2022/01/22 神経変性疾患に対する栄養学的先制医療の可能性について(第19回 神経科学研究会)
2. 2021/09/20 Traditional Japanese Medicine, Kampo, in anxiety and depression.(The 3rd International Congress of the World Association for Stress Related and Anxiety Disorders (WASAD))
3. 2020/03/05 Involvement of Foxo3a in neuronal and cognitive function in mice.(International Annual Annual Meeting in Pharmaceutical Sciences)
4. 2018/10/28 口腔昨日低下症患者における唾液および血液中ミエロペルオキシダーゼ(MPO)の検討(日本補綴歯科学会 支部学術大会)
5. 2018/10/27 超高齢社会における認知症とオーラルフレイルに関する最新の知見(日本補綴歯科学会 支部学術大会)
全件表示(51件)
■ 所属学会
1. 1987 日本神経学会
2. 2017/09~ ∟ 代議員
3. 1987 日本内科学会
4. 1991 日本神経化学会
5. 2002/04~ ∟ 評議員
全件表示(20件)
■ 著書・論文歴
1. 2022 論文  N-Methyl-(R)salsolinol and enzymes involved in enantio-selective biosynthesis, bioactivation and toxicity in Parkinson’s disease. Handbook of Neurotoxicity  (共著) 
2. 2022 論文  Neurotrophic functions of phytochemicals in synucleinopathies: Targeting a-synuclein toxicity and mitochondrial dysfunction. Studies in Natural Product Chemistry (Bioactive Natural Products  (共著) 
3. 2021 論文  Nutrition in Brain Ageing; Its relevance to Age-associated Neurodegeneration.   (共著) 
4. 2021 論文  TCM substances in Neuropsychopharmaco-therapy: Basic Aspects with a focus on depression. NeuroPsychopharmacology  (共著) 
5. 2020 論文  Rasagiline and selegiline modulate mitochondrial homeostasis, intervene apoptosis system and mitigate α-synuclein cytotoxicity in disease-modifying therapy for Parkinson's disease. J Neural Transm. 127(2),pp.131-147 (共著) 
全件表示(31件)
■ 講師・講演
1. 2011/10 健康長寿社会を実現するための基礎的、臨床的研究の現状(名古屋)
2. 2015/11 魚油と大豆イソフラボン含有食品の組み合わせは脳の老化を防ぐのか?
3. 2016/11 シニアのこころとからだを健康に保つには〜認知症の原因と予防〜
4. 2016/11 食品由来成分による脳老化抑制は可能か
5. 2017/06 長寿社会における栄養と健康を考える-認知症を防ぐ生活習慣とは?-(愛知学院大学日進キャンパス)
■ 資格・免許
1. 1986/05/28 医師免許証(300022号)
2. 1989 日本内科学会認定医(1044号)
3. 1990 日本神経学会専門医
4. 2009 日本神経学会指導医 (01431号)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2016/03  ホメオスタシス維持機能をもつ農林水産物・食品中の機能性成分多視点評価システム開発と作用機序の解明 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2014/04~2015/05  レビー小体病(LBD)の病因解明とその知見に基づいた新たなバイオマーカーの開発 その他の補助金・助成金 
3. 2016/06~2017/03  口腔炎症のヒト個体老化、特に認知症発症におよぼす影響 個人研究 
4. 2016/06~2017/03  口腔内炎症を制御し、認知症を予防する栄養学的介入の基盤的研究 古川学術研究振興基金 
5. 2017/06~2018/03  MMSE による認知機能と血中BDNF濃度の関連性に関する研究 国内共同研究 
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 1998 日本老年学会 日本老年医学会賞
2. 2000 日本神経化学会奨励賞
3. 2001 5th International Alzheimer and Parkinson disease Best Poster Award
4. 2003 Parkinson Disease Forum ベストポスター賞