(最終更新日:2021-07-14 17:09:03)
  ノモト シュウジ   NOMOTO Syuji
  野本 周嗣
   所属   歯学部 外科学
   職種   教授
■ 専門分野
消化器外科学, 外科学一般、小児外科学, 実験病理学, 腫瘍生物学, 腫瘍診断、治療学, ゲノム生物学, 分子生物学, 細胞生物学, 細菌学 (キーワード:消化器外科学、肝胆膵外科、腫瘍マーカー、マイクロアレイ、唾液細菌叢) 
■ 学歴(学位)
1. 1980/04~1987/03 愛媛大学 医学部 卒業
2. 1993/04~1997/03 名古屋大学 医学系研究科 博士課程修了 博士(医学)(消化器外科学)
■ 職歴
1. 1997/04~1999/03 愛知県がんセンター研究所 主任研究員
2. 1999/04~1999/06 名古屋大学医学部附属病院 第二外科 非常勤医員
3. 1999/07~2000/03 名古屋大学医学部附属病院 第二外科 非常勤講師
4. 2000/04~2003/10 アメリカ ジョンスホプキンス大学 頭頸部外科 研究員
5. 2003/11~2005/03 名古屋大学医学部附属病院 病態制御外科 非常勤医員
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2020/12/30 唾液CCL20を用いた口腔扁平上皮癌スクリーニング(愛知学院大学歯学会)
2. 2020/10/23 食道扁平上皮癌におけるChromobox2発現の予後予測バイオマーカーとしての有用性(第58回日本癌治療学会学術集会)
3. 2020/10/01 抗PD-1抗体と抗PD-L1抗体を用いた新規がん免疫療法の開発(第79回日本癌学会学術集会)
4. 2020/04/15 口腔扁平上皮癌診断のための唾液中CCL20とFusobacterium(第74回NPO法人日本口腔科学会学術集会)
5. 2019/12/01 歯学部附属病院におけるウィルス性肝炎患者に対する抗ウィルス治療への誘導(愛知学院大学歯学会第95回学術大会)
全件表示(55件)
■ 所属学会
1. 1987/07~ 日本外科学会
2. 1987/07~ 日本消化器外科学会
3. 2015/04~ ∟ 評議員
4. 1989/03~ 日本臨床外科学会
5. 1993/07~ 日本肝臓学会
全件表示(14件)
■ 社会における活動
1. 2018/01~ 口の中をきれいにする意味 口腔内細菌叢の変化から見た全身病との関連
2. 2019/01~2019/01 「ベトナム現場ルポ 」オプジーボ?知らない がん治療 途上国格差
■ 著書・論文歴
1. 2021/02 論文  Salivary CPLANE1 Levels as a Biomarker of Oral Squamous Cell Carcinoma Anticancer Res. 41(2),pp.765-772 (共著) 
2. 2020/09 論文  Salivary NUS1 and RCN1 Levels as Biomarkers for Oral Squamous Cell Carcinoma Diagnosis In Vivo. 34(5),pp.2353-2361 (共著) 
3. 2020/07 論文  Chromobox 2 Expression Predicts Prognosis After Curative Resection of Oesophageal Squamous Cell Carcinoma. Cancer Genomics Proteomics. 17(4),pp.391-400 (共著) 
4. 2020/06 論文  Nuck管水腫の1例 愛知学院大学歯学会誌 58(2),41-45頁 (共著) 
5. 2019/12 論文  抗血栓剤服用中の鼡径ヘルニア根治術の1例 愛知学院大学歯学会誌 57(4),305-314頁 (共著) 
全件表示(75件)
■ 講師・講演
1. 2015/05 外科手術における近年の話題(名古屋)
2. 2015/06 歯科と外科との関連
3. 2016/01 がんという病気との付き合い方
4. 2016/06 消化器疾患と口臭
5. 2016/07 がんという病気との付き合い方
全件表示(11件)
■ 資格・免許
1. 1987/05/25 医籍登録
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2007/03  扁平上皮におけるStemCell Factorの同定と癌の診断・治療への応用 基盤研究(C) 
2. 2005/04~2006/03  扁平上皮におけるStemCell Factorの同定と癌の診断への応用 その他の補助金・助成金 
3. 2006/04~2007/03  癌における細胞、組織システムの破綻でのp53-FGF1 Pathwayの働き その他の補助金・助成金 
4. 2007/04~2009/03  癌組織の血管新生、転移における変異型p53-FGF-1経路の影響 基盤研究(C) 
5. 2008/04~2011/03  肝転移腫瘍に対する腫瘍溶解性ウイルスの血管内投与法の開発 基盤研究(B) 
全件表示(17件)
■ 学外委員会・協会等
1. 2019/04/01~ Oncology Letter 編集委員
■ 受賞学術賞
1. 2009/04 American Association for Cancer Research AACR-ITO EN,Ltd.Scholar-in-Training Award