(最終更新日:2020-06-08 20:43:19)
  カワサキ タツヤ   KAWASAKI Tatsuya
  川嵜 達也
   所属   薬学部 薬剤学
   職種   講師
■ 現在の専門分野
分子生物学, 薬理学 (キーワード:薬剤学、薬物動態学、薬物トランスポータ) 
■ 主要学科目
基礎薬物動態学,医療薬学実習Ⅱ,薬品動態制御学特論
■ 学歴(学位)
1. 2006/04~2010/03 岡山大学 薬学部 創薬科学科 卒業 学士(創薬科学)
2. 2010/04~2012/03 岡山大学 医歯薬学総合研究科 修士課程修了 修士(薬科学)
3. 2012/04~2016/03 岡山大学 医歯薬学総合研究科 博士課程単位取得満期退学
4. 2016/09/30
(学位取得)
岡山大学 博士(薬科学) 岡山大学 博乙第4461号(薬科学)
■ 職歴
1. 2013/07~2018/06 愛知学院大学 薬学部 薬剤学 助教
2. 2018/07~ 愛知学院大学 薬学部 薬剤学 講師
■ 学会発表
1. 2019/12/09 Substrate-dependent effects of steroids and flavonoids on human organic anion transporting polypeptide 2B1(34th Japanese Society for the Study of Xenobiotics (JSSX) Annual Meeting)
2. 2019/10/19 腎有機アニオン輸送系に及ぼす天然物の影響(第41回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)
3. 2019/08 Effects of tea catechins on renal organic anion transport in rats.(BioMedical Transporters 2019)
4. 2019/07/17 Antidepressant sertraline induces cytotoxicity in human placental cells(International Congress of Toxicology (ICT) XV Meeting)
5. 2019/07/06 ヒト胎盤BeWo細胞へ及ぼす抗うつ薬の影響(第64回日本薬学会東海支部大会)
全件表示(37件)
■ 所属学会
1. 2010/07~ 日本生化学会
2. 2012/11~ 日本薬学会
3. 2016/06~ 日本薬物動態学会
4. 2017/06~ 日本薬剤学会
5. 2018/03~ International Society for the Study of Xenobiotics
■ 社会における活動
1. 2016/06~ 日本薬物動態学会入会
2. 2017/06~ 日本薬剤学会入会
3. 2018/03 International Society for the Study of Xenobiotics 入会
■ 著書・論文歴
1. 2020/06 論文  Citrus auraptene induces drug efflux transporter P-glycoprotein expression in human intestinal cells. Food & Function Just accepted (共著) 
2. 2020/04/22 論文  Investigation of Fluorescent Substrates and Substrate-Dependent Interactions of a Drug Transporter Organic Anion Transporting Polypeptide 2B1 (OATP2B1) Pharm Res 37,pp.115 (共著) 
3. 2020/01/22 論文  Microtubule-targeting anticancer drug eribulin induces drug efflux transporter P-glycoprotein. Biochem Biophys Rep. 21,pp.100727 (共著) 
4. 2019/10 論文  Effect of acetazolamide on lithium reabsorption and lithium-induced GSK3β phosphorylation in rat kidney. Die Pharmazie 74(10),pp.611-613 (共著) 
5. 2018/11 論文  Effect of renal ischemia on urinary excretion of lithium in rats. Biopharm Drug Dispos 39,pp.448-451 (共著) 
全件表示(21件)
■ 講師・講演
1. 2017/02 多剤排出トランスポータMATE1の基質認識と分子機構
2. 2017/12 Fluorescent anions as probe substrate for investigation of intestinal drug transporter OATP2B1
■ 教育方法の工夫・教科書作成
●教育方法の実践例
1. 2013/07/01~ 卒業研究および外書講読指導
2. 2013/09/01~ 実習担当(医療薬学実習II)
3. 2015/04/01~ 演習担当(基礎薬学演習I)
4. 2016/05/12~ グループ学習担当(9月卒業予定者グループ学習ファシリテーター)
5. 2017/04/18~ 講義担当(基礎薬物動態学)
●作成した教科書、教材
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(11件)
■ 資格・免許
1. 2013/05/27 第1種放射線取扱主任者 免状取得
2. 2017/02/28 甲種危険物取扱者 免状取得
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019~2021  薬物トランスポーターTETRANの基質認識・輸送特性の解明 若手研究 
■ 受賞学術賞
1. 2010/03 岡山大学 岡山大学 黒正賞
2. 2017/12 日本薬剤学会 APSTJ Global Education Seminar Presentation Award
■ 担当経験のある科目
1. 医療機能薬学特論(愛知学院大学大学院 薬学研究科)
2. 医療薬学実習II(愛知学院大学 薬学部 医療薬学科)
3. 基礎薬物動態学(愛知学院大学 薬学部 医療薬学科)