(最終更新日:2021-05-24 17:50:06)
  ナベクラ トモヒロ   NABEKURA Tomohiro
  鍋倉 智裕
   所属   薬学部 薬剤学
   職種   教授
■ 専門分野
医療薬学, 薬理学 (キーワード:薬剤学、薬物動態学、薬物トランスポータ) 
■ 学歴(学位)
1. 1987/04~1991/03 京都大学 薬学部 卒業 学士(薬学)
2. 1991/04~1993/03 京都大学 薬学研究科 修士課程修了 修士(薬学)
3. 1993/04~1996/03 京都大学 薬学研究科 博士課程単位取得満期退学
4. 1998/01/23
(学位取得)
京都大学 博士(薬学)(医療系薬学)
■ 職歴
1. 1996/04~2003/03 近畿大学 薬学部 助手
2. 2003/04~2006/09 新潟薬科大学 薬学部 講師
3. 2006/10~2012/03 新潟薬科大学 薬学部 助教授・准教授
4. 2012/04~ 愛知学院大学 薬学部 薬剤学 教授
5. 2013/04~ 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 教授
■ 学会発表
1. 2021/03/29 ヒト腎近位尿細管上皮細胞へ及ぼす抗うつ薬の影響.(日本薬学会第141年会)
2. 2021/03/29 リチウムによる腎性尿崩症の性差に関する解析.(日本薬学会第141年会)
3. 2020/11/21 ヒトおよびラット有機アニオントランスポータOAT1とOAT3の基質認識・輸送機構.(日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会202)
4. 2020/11/21 蛍光基質を用いたヒト有機カチオントランスポータの機能解析.(日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2020)
5. 2020/10 Investigation of fluorescent substrates of a drug transporter organic anion transporting polypeptide 2B1.(7th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2020 Virtual))
全件表示(92件)
■ 所属学会
1. 1992/02~ 日本薬学会
2. 2013/02~2015/01 ∟ 東海支部幹事
3. 2013/02~2017/01 ∟ 代議員
4. 1994/10~ 日本薬物動態学会
5. 2017/12~ ∟ 代議員
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 2007/11~2008/11 Niigata World Forum on Food and Flowers 2008, 4th International Niigata Symposium on Diet and Health, Local Organizing Committee Member
2. 2008/06~ American Association of Pharmaceutical Scientists (AAPS) Annual Meeting and Exposition Abstract Screening Committee, Pharmacokinetics, Pharmacodynamics and Drug Metabolism (PPDM) Section Screener
3. 2008/06~2009/06 第26回日本TDM学会学術大会組織委員
4. 2013/02~2017/01 日本薬学会代議員
5. 2013/02~2015/01 日本薬学会東海支部幹事
全件表示(9件)
■ 著書・論文歴
1. 2021/02/16 論文  (−)-Epigallocatechin-3-gallate inhibits human and rat renal organic anion transporters. ACS Omega 6(6),pp.4347-4354 (共著) 
2. 2021/02/05 著書  第6章「排泄」 コンパス生物薬剤学改訂第3版 155-183頁 (共著) 
3. 2020/08/31 論文  Potent inhibition of biphasic tubular reabsorption of lithium by acetazolamide and foscarnet in rats. Physiological Research 69(4),pp.645-651 (共著) 
4. 2020/06/12 論文  Citrus auraptene induces drug efflux transporter P-glycoprotein expression in human intestinal cells. Food and Function 11,pp.5017-5023 (共著) 
5. 2020/06/01 論文  Investigation of fluorescent substrates and substrate-dependent interactions of a drug transporter OATP2B1. Pharmaceutical Research 37 (共著) 
全件表示(48件)
■ 講師・講演
1. 2011/11 食品成分・天然物の抗がん剤作用増強効果(長野)
■ 受賞学術賞
1. 2015/07 医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム実行委員会 医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞 (頭頸部癌患者におけるセツキシマブ特異的IgEを指標としたアレルギー反応の予測系の構築と評価)