(最終更新日:2022-05-18 18:51:19)
  ナベクラ トモヒロ   NABEKURA Tomohiro
  鍋倉 智裕
   所属   薬学部 薬剤学
   職種   教授
■ 専門分野
医療薬学, 薬理学 (キーワード:薬剤学、薬物動態学、薬物トランスポータ) 
■ 学歴(学位)
1. 1987/04~1991/03 京都大学 薬学部 卒業 学士(薬学)
2. 1991/04~1993/03 京都大学 薬学研究科 修士課程修了 修士(薬学)
3. 1993/04~1996/03 京都大学 薬学研究科 博士課程単位取得満期退学
4. 1998/01/23
(学位取得)
京都大学 博士(薬学)(医療系薬学)
■ 職歴
1. 1996/04~2003/03 近畿大学 薬学部 助手
2. 2003/04~2006/09 新潟薬科大学 薬学部 講師
3. 2006/10~2012/03 新潟薬科大学 薬学部 助教授・准教授
4. 2012/04~ 愛知学院大学 薬学部 薬剤学 教授
5. 2013/04~ 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 教授
■ 学会発表
1. 2022/03/27 ヒト胎盤細胞へ及ぼす抗ウイルス薬の影響.(日本薬学会第142年会)
2. 2022/03/27 医薬品副作用データベースJADERを用いた薬物過量投与の解析.(日本薬学会第142年会)
3. 2021/11/17 Characterization of amiloride transport mediated by renal transporters OCT2, MATE1, MATE2K(日本薬物動態学会第36回年会)
4. 2021/10/30 抗うつ薬セルトラリンはヒト胎盤細胞へアポトーシスを引き起こす.(日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2021)
5. 2021/10/24 Effects of tea catechin (–)-epigallocatechin-3-gallate on human and rat renal organic anion transporters OAT1 and OAT3.(日本薬学会第15回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム)
全件表示(99件)
■ 所属学会
1. 1992/02~ 日本薬学会
2. 2013/02~2015/01 ∟ 東海支部幹事
3. 2013/02~2017/01 ∟ 代議員
4. 1994/10~ 日本薬物動態学会
5. 2017/12~ ∟ 代議員
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 2017/12~ 日本薬物動態学会代議員
2. 2014/04~ 日本薬剤学会評議員
3. 2022/04~ Associate Editor, Frontiers in Pharmacology
4. 2007/11~2008/11 Niigata World Forum on Food and Flowers 2008, 4th International Niigata Symposium on Diet and Health, Local Organizing Committee Member
5. 2008/06~ American Association of Pharmaceutical Scientists (AAPS) Annual Meeting and Exposition Abstract Screening Committee, Pharmacokinetics, Pharmacodynamics and Drug Metabolism (PPDM) Section Screener
全件表示(10件)
■ 著書・論文歴
1. 2022/02/12 論文  Amiloride is a suitable fluorescent substrate for the study of the drug transporter human multidrug and toxin extrusion 1 (MATE1). Biochemical and Biophysical Research Communications 592,pp.113-118 (共著) 
2. 2021/11 論文  Surveillance of drug overdose and identification of its risk factors by a multivariate analysis using the Japanese Adverse Drug Event Report database. Asian Journal of Psychiatry 65,pp.102826 (共著) 
3. 2021/08/31 論文  Sex differences in factors responsible for lithium-induced nephrogenic diabetes insipidus in Wistar/ST rats. Physiological Research 70,pp.655-659 (共著) 
4. 2021/05/12 論文  Effect of experimental Fanconi syndrome on tubular reabsorption of lithium in rats. Pharmacology 106,pp.446-45 (共著) 
5. 2021/02/16 論文  (−)-Epigallocatechin-3-gallate inhibits human and rat renal organic anion transporters. ACS Omega 6(6),pp.4347-4354 (共著) 
全件表示(52件)
■ 講師・講演
1. 2011/11 食品成分・天然物の抗がん剤作用増強効果(長野)
■ 受賞学術賞
1. 2015/07 医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム実行委員会 医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞 (頭頸部癌患者におけるセツキシマブ特異的IgEを指標としたアレルギー反応の予測系の構築と評価)