(最終更新日:2020-05-22 11:52:39)
  カトウ コウイチ   KATOH Koichi
  加藤 宏一
   所属   薬学部 薬物治療学
   職種   教授
■ 専門分野
内科系臨床医学 代謝学 糖尿病学, 医療薬学 薬物治療学 (キーワード:糖尿病 糖尿病合併症 糖尿病療養指導) 
■ 主要学科目
薬物治療学、疾患病態学、内科学、糖尿病学
■ 学歴(学位)
1. 1983/04~1989/03 名古屋市立大学 医学研究科 医学部医学科 卒業
2. 1990/04~1997/04 名古屋大学 医学研究科 内科学第三 博士課程単位取得満期退学
3. 1999/05
(学位取得)
名古屋大学 博士(医学)(代謝学)
■ 職歴
1. 1991/09~1994/09 University of Michigan Dept. of Internail Medicine, Div. of Endocrinology, Metabolism and Diabetes Research Fellow
2. 2004/10~2005/09 University fo Michigan Dept. of Neurology Honorary Assistant Professor
3. 2011/10~2012/03 愛知医科大学病院 糖尿病センター/糖尿病内科 准教授
4. 2012/04~ 愛知医科大学 医学部内科学講座 糖尿病内科 客員教授
5. 2012/04~ 愛知学院大学 薬学部 薬物治療学 教授
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2017/06 Docosahexaenoic acid promotes neurite outgrowth through PI3K and JNK-mediated signaling pathways in Neuro2a cells(American Diabetes Association 77th scientific sessions)
2. 2017/05 1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデクへの切り替え3か月後の食後血糖変化(第60回日本糖尿病学会年次学術集会)
3. 2017/05 2型糖尿病患者におけるDaily及びWeekly GLP-1受容体作動薬注射デバイスの心理的抵抗と使用感に関する研究(第60回 日本糖尿病学会年次学術集会)
4. 2017/05 ウイルソン病におけるATP7B検査:第2報(第21回ウイルソン病研究会学術集会)
5. 2017/05 マウス不死化シュワン細胞における反復する血統変動・低血糖による細胞死および酸化ストレス亢進の機序解明(第60回 日本糖尿病学会年次学術集会)
全件表示(51件)
■ 所属学会
1. 1989/11~ 日本内科学会
2. 2002/09~2011/03 ∟ 東海支部地方会評議員
3. 1990/12~ 日本糖尿病学会
4. 2011/05~ ∟ 学術評議員
5. 1991/04~ 日本内分泌学会
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2006/07 瀬戸保健所糖尿病対策地域連携協議会委員
2. 2007/01 瀬戸保健所メタボリックシンドローム地域連携評議会委員
■ 著書・論文歴
1. 2020 論文  Identification of Heterozygous p.Y150C and p.V274M Mutations in HJV Gene in a Japanese Patient with Mild Phenotype of Juvenile Hemochromatosis: A Case Report.   (共著) 
2. 2019 論文  Alanine aminotransferase may be the first test for Wilson disease. J Clin Transl Hepatol  (共著) 
3. 2019 論文  Glucagon-like peptide-1 receptor agonist protects dorsal root ganglion neurons against oxidative insult. J Diabetes Res  (共著) 
4. 2019 論文  Omega-3 polyunsaturated fatty acids exert anti-oxidant effects through the nuclear factor (erythroid-derived 2)-related factor 2 pathway in immortalized mouse Schwann cells. J Diabetes Investig.  (共著) 
5. 2019 論文  Ranirestat Improved Nerve Conduction Velocities, Sensory Perception, and Intraepidermal Nerve Fiber Density in Rats with Overt Diabetic Polyneuropathy. J Diabetes Res.  (共著) 
全件表示(34件)
■ 講師・講演
1. 2012/01 糖尿病の最新薬物療法(名古屋市)
2. 2012/03 エキセナチドの有用性について(名古屋市)
3. 2012/05 糖尿病の最新薬物療法‐DPP4阻害薬を使いこなす‐(名古屋市)
4. 2012/07 糖尿病の最新薬物療法‐DPP4阻害薬を使いこなすには‐(半田市)
5. 2012/07 糖尿病合併症、糖尿病性神経障害の病態と治療(名古屋市)
全件表示(34件)
■ 資格・免許
1. 1989/05 医師免許
2. 2000/04 日本内科学会認定内科医
3. 2002/02 日本糖尿病学会糖尿病専門医
4. 2006/12 日本糖尿病協会療養指導医
5. 2007/02 日本糖尿病学会研修指導医
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000/04~2001/03  糖尿病神経障害における非酵素的糖化反応の影響 奨励研究 (A) 
2. 2009/09~2011/03  成長型ICT教材を用いた医歯薬看心身系大学連携による生活習慣病予防教育体制の構築 平成21年度文部科学省採択取り組み大学改革促進補助金 
3. 2016/04~2019/03  シュワン細胞の神経終末誘引・保護作用の糖尿病多発神経障害に対する有益性の検討 基盤研究(C) 
4. 2018/04~  糖尿病性神経障害と小胞体ストレスおよびオートファジー:ω3多価不飽和脂肪酸の効果 基盤 (C) 
5. 2020/04~  糖尿病性多発神経障害におけるO-GlcNAc修飾の役割の解明 基盤(C) 
全件表示(6件)