(最終更新日:2020-01-10 19:03:45)
  リ ジンヨン   RI Jinyon
  李 辰竜
   所属   薬学部 衛生薬学
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
環境系薬学  (キーワード:分子毒性学) 
■ 主要学科目
環境衛生学、食品衛生学、公衆衛生学
■ 学歴(学位)
1. 1995/03~2002/08 高麗大学 生命科学部 卒業
2. 2005/04~2010/03 東北大学 薬学研究科 博士課程修了 薬学博士(生物系薬学)
■ 職歴
1. 2010/04~2011/12 東北大学大学院薬学研究科 生体防御薬学分野 博士研究員
2. 2012/01~2014/03 愛知学院大学 薬学部 衛生薬学 助教
3. 2014/04~2019/03 愛知学院大学 薬学部 衛生薬学 講師
4. 2016/10~2019/03 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 講師
5. 2019/04~ 愛知学院大学 薬学部 衛生薬学 准教授
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2019/11/05 New insights on the toxic mechanism of methylmercury(The 35th Annual Meeting of KSOT/KEMS)
2. 2019/07/16 BIRC Family Gene Expression Changes by Toxic Metal(loid)s in Neuroblastoma, Kidney, and Hepatic Cells(IUTOX 15th International Congress of Toxicology (ICTXV))
3. 2019/06/26 カドミウム腎毒性におけるBIRC3発現抑制を介した多様な細胞死経路(第46回日本毒性学会学術年会)
4. 2019/03/14 Cadmium-induced renal toxicity trough the GATA family suppression(The 58th Annual Meeting of the Society of Toxicology)
5. 2019/02/03 カドミウム腎毒性発現における GATA 転写因子の関与(第89回日本衛生学会学術総会)
全件表示(68件)
■ 所属学会
1. 2006~ 日本薬学会
2. 2007~ 日本毒性学会
3. 2010~ 日本衛生学会
4. 2012/06~ Society of Toxicology
■ 社会における活動
1. 2013~ 日本薬学会 環境・衛生部会 国際交流小委員会委員
2. 2014~ 査読委員(Fundamental Toxicological Sciences)
3. 2014~ 査読委員(Journal of Toxicological Sciences)
4. 2014~ 日本毒性学会 評議員
5. 2015/03 2015年米国毒性学会教育コース派遣(日本毒性学会教育委員会)
■ 著書・論文歴
1. 2020/01 論文  The nuclear protein HOXB13 enhances methylmercury toxicity by inducing Oncostatin M and promoting its binding to TNFR3 in cultured cells Cells 9,pp.45 (共著) 
2. 2019/07 論文  Evaluation of M1-microglial activation by neurotoxic metals using optimized organotypic cerebral slice cultures. The Journal of Toxicological Sciences 44(7),pp.471-479 (共著) 
3. 2019/03 論文  Effect of GATA transcription factors on cadmium toxicity in human proximal tubular cells. BPB Reports 2,pp.25-28 (共著) 
4. 2019/03 論文  Methylmercury induces the expression of chemokine CCL4 via SRF activation in C17.2 mouse neural stem cells. Sci. Rep. 9,pp.4631 (共著) 
5. 2019/02 著書  Novel mechanisms of cadmium-induced toxicity in renal cells. Cadmium Toxicity pp.153-162 (共著) 
全件表示(55件)
■ 講師・講演
1. 2015/06 毒性評価の新たな技術
2. 2015/10 医療の担い手、街の科学者である薬剤師
3. 2017/05 医療の担い手、街の科学者である薬剤師
4. 2018/11 転写活性変動を介したカドミウムの腎毒性発現機構
■ 教育方法の工夫・教科書作成
●作成した教科書、教材
1. 2012~ 基礎薬学実習IVの実習手引書
2. 2016/10~ 必携・衛生試験法 第2版
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2014/03  神経細胞のTRPA1活性に与えるオーラノフィンと有害金属の複合影響 機関内共同研究 
2. 2014/04~2015/05  中枢神経障害発症における各種水銀化合物の複合影響の解明(メタボロミクス法を用いたメチル水銀並びに水銀蒸気の複合曝露による脳内因子プロファイル解析) 個人研究 
3. 2015/04~2016/03  各種水銀化合物の複合曝露による中枢神経障害発症におけるメタロチオネイン-IIIの関与 個人研究 
4. 2015/07  第7回アジア毒性学会国際学術集会シンポジスト その他の補助金・助成金 
5. 2016/04~2019/03  カドミウム腎毒性発現における新規のカドミウム毒性決定因子BIRC3の役割の解明 学術研究助成基金助成金(基盤研究C) 
全件表示(6件)
■ 受賞学術賞
1. 2019/02 日本衛生学会 日本衛生学会奨励賞
2. 2018/11 日本毒性学会生体金属部会 メタルバイオサイエンス研究会2018 研究奨励賞
3. 2017/10 メタルバイオサイエンス研究会2017 メタルバイオサイエンス研究会2017 実行委員長賞
4. 2015/06 平成27年度日本毒性学会奨励賞 (有害重金属の毒性発現に関わる新たな標的分子の同定およびその作用に関する研究)
5. 2014/07 平成26年度日本毒性学会ファイザー賞
全件表示(7件)