(最終更新日:2021-06-09 15:24:26)
  タケシタ シュウコ   TAKESHITA Shuko
  竹下 修子
   所属   文学部 日本文化学科
   職種   教授
■ 専門分野
社会学 (キーワード:国際結婚) 
■ 学歴(学位)
1. 金城学院大学 文学研究科 社会学専攻 博士課程修了 博士(社会学)
■ 職歴
1. 2011/04~ 愛知学院大学 文学部 日本文化学科 教授
2. 2011/04~ 愛知学院大学大学院 文学研究科 日本文化専攻 教授
■ 学会発表
1. 2019/01/05 Betrothal Gifts in Japan: Focusing on the History and Regional Variations(25th Annual Japan Studies Association Conference)
2. 2018/09/28 Social Inclusion and Exclusion in Japan: From the Perspective of Intermarriage(World Social Science Forum 2018)
3. 2018/07/08 Passing Children of Brazilian-Japanese Families in Japan(International Conference of the International Association for Intercultural Communication Studies)
4. 2018/06/18 Halal Certification and Attracting Foreign Muslim Tourists: A Comparison between Pro- and Anti-Certification Groups(Rethinking Halal: Genealogy, Current Trends, and New Interpretation)
5. 2017/11/05 ハラール認証とムスリム観光客誘致ー認証取得推進派と非推進派の比較分析ー(第90回日本社会学会大会)
全件表示(26件)
■ 所属学会
1. Asian Population Association
2. International Association for Intercultural Communication Studies
3. Japan Studies Association
4. 日本家族社会学会
5. 日本社会学会
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 2020 論文  Halal Certification or Ingredient Disclosure: A Comparative Analysis of Serving Food in Japanese Tourist Destinations Journal of Islamic Marketing 11(3),pp.765-781 (単著) 
2. 2020 論文  Mixed Children in Japan: From the Perspective of Passing Asian Ethnicity 21(2),pp.320-336 (単著) 
3. 2019 著書  The Routledge Handbook of Halal Hospitality and Islamic Tourism   (共著) 
4. 2019 著書  地図でみる日本の外国人(改訂版)   (共著) 
5. 2018 論文  結納の地域差に関する社会学的考察ー東海地方を中心としてー 愛知学院大学人間文化研究所紀要 (33),49-64頁 (単著) 
全件表示(40件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2009/03  現代日本における国際結婚の増加の要因とインパクトに関する地理学的研究 基盤研究B 
2. 2009/04~2013/03  現代日本の人口減少問題に対する外国人定住化の貢献に関する研究 基盤研究A 
3. 2011/04~2014/03  東アジア諸国におけるムスリムと非ムスリムの共生:ライフスタイル変容の比較研究 基盤研究B 
4. 2012/04~2014/03  国際結婚家族における文化伝承メカニズムに関する学際的研究:言語と宗教を中心に 挑戦的萌芽研究 
5. 2012/04~2015/03  定量的・定性的分析を併用した日本の国際結婚カップルをめぐる家族形成の包括的検討 基盤研究C 
全件表示(10件)
■ 学外委員会・協会等
1. 2016/09/01~ 日本家族社会学会 専門委員
2. 2018/10/01~ The International Geographical Union Globility Commission