(最終更新日:2020-06-11 15:33:08)
  イワサ ノブアキ   IWASA Nobuaki
  岩佐 宣明
   所属   教養部 教養部本属
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
哲学、倫理学 (キーワード:西洋近代哲学) 
■ 学歴(学位)
1. 1994/04~1999/03 早稲田大学 文学部 哲学科 卒業 学士(文学)(哲学・倫理学)
2. 2000/04~2002/03 名古屋大学 文学研究科 人文学 修士課程修了 修士(文学)(哲学・倫理学)
3. 2002/04~2007/03 名古屋大学 文学研究科 人文学 博士課程修了 博士(文学)(哲学・倫理学)
■ 職歴
1. 2011/04~2017/01 愛知学院大学 教養部 教養部本属 講師
2. 2017/02~ 愛知学院大学 教養部 教養部本属 准教授
■ 学会発表
1. 2018/11/25 マルクスの所有概念に関する一考察(名古屋哲学研究会例会)
2. 2017/04/08 デカルトにおける自己認識の正当化(第33回名古屋大学哲学会大会)
3. 2016/10/22 Moral Thinking in Japanese Tradition in Front of Current Multicultural Situations(Workshop: Problems of Cross-Cultural Conflicts in the Global Communication, Reconceptualized from the Overlapping Perspectives of Ethics, Philosophy and Practice)
4. 2014/05/17 人間の尊厳を人間でないものに適応できるかーヒト胚をめぐる日本の議論から(第5回一橋哲学フォーラム)
5. 2014/03/17 Human Dignity of Non-Human Beings: Japanese Arguments on the Moral Status of Human Embryos(Workshop: Zur Aktualitaet des Wuerdebegriffs)
全件表示(19件)
■ 所属学会
1. 2000/04~ 名古屋大学哲学会
2. 2017/04~ ∟ 会計監査
3. 2002/04~ 中部哲学会
4. 2002/04~ 日仏哲学会
5. 2002/04~ 日本哲学会
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/03/30 著書  尊厳と社会(下)   (共著) 
2. 2020/02/29 論文  Elaborating a Moral Theory from Moral Thinking in "Japanese Tradition" 哲学と現代 (35),pp.157-173 (単著) 
3. 2019/02 論文  マルクスにおける本源的所有と共同所有―渡辺憲正「『経済学批判要綱』の共同体/共同社会論」に寄せて 哲学と現代 (34),85-99頁 (単著) 
4. 2018/04 論文  言語論的コギト解釈に抗して 名古屋大学哲学論集 (特別号),25-38頁 (単著) 
5. 2017/11 著書  尊厳概念のダイナミズム  211-229頁 (共著) 
全件表示(30件)
■ 講師・講演
1. 2010/06 豊かさの質―<人間の尊厳>とCSR(NHK文化センター名古屋教室)
2. 2015/10 日常への非日常的視点―デカルト『方法序説』第四部を読む(愛知学院大学)
3. 2015/11 日常への非日常的視点―デカルト『方法序説』第四部を読む(津島市生涯学習センター)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2015/02  デカルト全書簡集 第七巻 研究成果公開促進費