(最終更新日:2021-06-09 11:04:40)
  ワタナベ トモユキ   WATANABE Tomoyuki
  渡邉 智之
   所属   心身科学部 健康栄養学科
   職種   教授
■ 専門分野
衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む, 医療管理学、医療系社会学 (キーワード:公衆衛生学、統計科学) 
■ 主要学科目
公衆衛生学
■ 学歴(学位)
1. 2000/04~2003/03 名古屋大学 医学系研究科 健康社会医学専攻 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 2019/04~2020/03 カリフォルニア大学バークレー校 在外研究員
■ 学会発表
1. 2019/12 Intensive Chemotherapy Along with Aggressive Supportive Care Can Spare Stem Cell Transplantation in a Subset of Patients without Compromising an Outcome in Infants with Acute Lymphoblastic Leukemia; A Report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group (JPLSG) Trial MLL-10.(61st American Society of Hematology Annual Meeting & Exposition)
2. 2019/12 Predictive Factors of the Development of Leukemia in Patients with Transient Abnormal Myelopoiesis and Down Syndrome: The Jccg Study JPLSG TAM-10(61st American Society of Hematology Annual Meeting & Exposition)
3. 2019/11 中学生における運動部活動で生じる負傷の発生要因 -準備運動中の負傷に着目して-(日本学校保健学会第66回学術大会)
4. 2019/09 高校生の頭部負傷に関連する要因の探索的検討(第 62 回東海学校保健学会学術集会)
5. 2018/12 高校生のバスケットボールでの負傷要因に関する検討‐骨折による負傷に着目して‐(日本学校保健学会 第65回学術大会)
全件表示(93件)
■ 所属学会
1. 1997/11~ 日本衛生学会
2. 1999/07~ 日本公衆衛生学会
3. 1999/08~ 日本学校保健学会
4. 2000/05~ 東海公衆衛生学会
5. 2001/05~ 日本人間工学会
全件表示(16件)
■ 著書・論文歴
1. 2021/03 論文  Predictive factors for the development of leukemia in patients with transient abnormal myelopoiesis and Down syndrome (Letter) Leukemia 35(5),pp.1480-1484 (共著) 
2. 2020/12 論文  Attempts to optimize postinduction treatment in childhood acute myeloid leukemia without core‐binding factors: A report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group (JPLSG) Pediatric Blood & Cancer 67(12),pp.e28692 (共著) 
3. 2020/10 論文  A risk-stratified therapy for infants with acute lymphoblastic leukemia: a report from the JPLSG MLL-10 trial Blood 136(16),pp.1813-1823 (共著) 
4. 2020/09 論文  高校生の頭部負傷に関連する要因の探索的検討 東海学校保健研究 44(1),57-67頁 (共著) 
5. 2019/09 論文  Personalized Pharmacokinetic Targeting with Busulfan in Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation in Infants with Acute Lymphoblastic Leukemia International Journal of Hematology 110(3),pp.355-363 (共著) 
全件表示(78件)
■ 講師・講演
1. 2007/07 死因別寿命延長への寄与からみた都道府県格差(名古屋)
2. 2016/06 都市部における認知症高齢者の運転能力評価に関する研究(名古屋)
3. 2017/01 認知症高齢者の自動車運転の現状と特性について
■ 資格・免許
1. 2004/08 福祉住環境コーディネーター2級
2. 2011/01 日本公衆衛生学会認定専門家
■ 学外委員会・協会等
1. 2020/07/01~ 認知症介護研究・研修大府センター研究評価委員会 研究評価委員
■ 受賞学術賞
1. 2001/10 日本人間工学会東海支部2001年研究大会 高田賞
2. 2002/10 第45回東海学校保健学会総会 東海学校保健学会奨励賞
3. 2007/07 第48回日本社会医学会総会 奨励賞
4. 2009/10 第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞