(最終更新日:2018-12-05 14:17:56)
  ナカムラ(アリガ)サチコ   NAKAMURA Sachiko
  中村(有賀)幸子
   所属   文学部 グローバル英語学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
通訳研究, 通訳教育, 法と言語, コーパス言語学 (キーワード:法廷言語分析、法言語学) 
■ 主要学科目
通訳法
■ 学歴(学位)
1. 1998/01~2003/03 Aston University School of Languages and European Studies Language Studies 修士課程修了 Master of Science(外国語教育)
■ 職歴
1. 2008/04~2013/12 愛知学院大学 文学部 グローバル英語学科 准教授
2. 2014/01~ 愛知学院大学 文学部 グローバル英語学科 教授
■ 学会発表
1. 2012/02 Concordance-based Synonym Differentiation Table for English Language Learners(The First Asia-Pacific Corpus Linguistics Conference)
2. 2012/01 Impacts of Lexical Choices in the Courtroom Discourse(International Symposium)
3. 2011/12 Interpreters' Lexical Choice, Equivalence, and Creativity in Translating Onomatopoeic and Mimetic Expressions(International Conference on Translation and Cross-Cultural Communication)
4. 2011/09/18 “How Do Linguistic Factors Influence Decision-Making by Lay Participants?”(「裁判員裁判における言語使用と判断への影響の学融的研究」)
5. 2011/09/11 「通訳教育・指導法研究プロジェクト」(日本通訳翻訳学会)
全件表示(37件)
■ 所属学会
1. 2000/09~ 日本通訳翻訳学会
2. 2010/10~ ∟ 理事
3. 2003/04~ 大学英語教育学会
4. 2007/04~ The International Association of World Englishes
5. 2009/04~ 日本語用論学会
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 2012/04 著書  『法と言語―法言語学へのいざない』  65-77頁 (共著) 
2. 2012/03 論文  裁判員制度プロモーションビデオに見られる日本的表現の訳出に関する一考察 愛知学院大学文学部紀要 (41),67-77頁 (単著) 
3. 2011/12 論文  通訳者役割論の先行研究案内 通訳翻訳研究 (11),155-172頁 (共著) 
4. 2011/09 論文  ベニース事件の通訳をめぐる言語学的分析~談話標識を中心に~ 金城学院大学論集社会科学編 8(1),210-215頁 (単著) 
5. 2011/09 論文  裁判員裁判制度における外国人刑事事件と通訳―法廷通訳に期待される役割と現実 愛知学院大学人間文化研究所紀要 人間文化 (26) (単著) 
全件表示(25件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~  「法廷通訳者の語彙・表現が心証形成に与える影響に関する研究」 基盤研究(C) (キーワード:法廷通訳研究、言語分析)