(最終更新日:2019-06-10 13:39:06)
  オバタトオル   OBATA Tohru
  小幡徹
   所属   薬学部 生体有機化学
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
生物系薬学, 創薬化学, 細胞生物学, 医療系薬学 (キーワード:癌化学療法学) 
■ 主要学科目
分子生物学、基礎薬学実習Ⅱ
■ 学歴(学位)
1. 1994/04~1998/03 金沢大学大学院 医学研究科 化学療法学 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 2001/05~2006/03 金沢大学 がん研究所 助手
2. 2006/04~2007/03 愛知学院大学 薬学部 生体有機化学 助手
3. 2007/04~2010/08 愛知学院大学 薬学部 生体有機化学 助教
4. 2010/09~2015/03 愛知学院大学 薬学部 生体有機化学 講師
5. 2012/04~2015/03 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 講師
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2019/03 5-アミノレブリン酸を用いるがん光線力学的療法に対する耐性化機構 とその克服(日本薬学会第139年会)
2. 2018/09/27 5-アミノレブリン酸を用いる光線力学的療法に対して耐性化した胃がん細胞における感受性回復に関する研究(第77回日本癌学会学術総会)
3. 2018/03 インドメタシン誘導体のIDO阻害活性(日本薬学会第138年会)
4. 2017/09 シクロデキストリンを用いた抗悪性腫瘍薬の溶解性改善と製剤化(第34回シクロデキストリンシンポジウム)
5. 2017/09 シッフ塩基誘導体の アミノレブリン酸を用いるがん光線力学的療法に対する感受性増強作用(第76回日本癌学会学術総会)
全件表示(22件)
■ 所属学会
1. 1992/04~ 日本薬学会
2. 1994/04~ 日本癌学会
3. 1997/04~ がん分子標的治療学会
4. 2002/04~ 日本分子生物学会
■ 著書・論文歴
1. 2018/01 論文  Synthesis, antitumor activity, and cytotoxicity of 4-substituted 1-benzyl-5-diphenylstibano-1H-1,2,3-triazoles Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 28(2),pp.152-154 (共著) 
2. 2017/07 論文  A versatile synthesis of triarylantimony difluorides by fluorination of triarylstibanes with nitrosyl tetrafluoroborate and their antitumor activity Journal of Fluorine Chemistry 199,pp.1-6 (共著) 
3. 2016/12 論文  Structure-cytotoxicity relationship of methacrylate-based resin monomers as evaluated by an anti-oxidant responsive element-luciferase reporter assay Dental Materials Journal 35(6),pp.946-951 (共著) 
4. 2016/07 論文  Synthesis and Optical Properties of Fluorine-Containing Phthalocyanine Conjugated with Glucofuranose and its Application to Photo-Dynamic Therapy Journal of the Japan Society of Colour Material 89(7),pp.213-218 (共著) 
5. 2016/04 論文  Synthesis, structural characterization and antitumor activity of 2-(di-p-tolylstibano)- and 2-(di-p-tolylbismuthano)-N-p-tolylbenzamide Journal of Organometallic Chemistry 807,pp.17-21 (共著) 
全件表示(21件)
■ 受賞学術賞
1. 2017/10 日本色材協会 色材協会論文賞