(最終更新日:2020-06-25 18:18:34)
  サトウ マサヒコ   SATOU Masahiko
  佐藤 雅彦
   所属   薬学部 衛生薬学
   職種   教授
■ 専門分野
薬系衛生、生物化学, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む, 医療管理学、医療系社会学, 環境影響評価, 放射線影響 (キーワード:環境毒性学) 
■ 主要学科目
医療薬学科
■ 学歴(学位)
1. 1988/04~1991/03 北里大学 大学院 薬学研究科 博士課程修了 環境・衛生系薬学薬学博士
■ 職歴
1. 2006/04~ 愛知学院大学 薬学部 衛生薬学 教授
2. 2012/04~ 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 教授
■ 学会発表
1. 2018/08/29 Gene expression of Birc family in kidney and liver of mice chronically exposed to Cd(The ISES-ISEE 2018 Joint Annual Meeting)
2. 2018/03/14 Sensitivity of Metallothionein-III Null Mice on Chronic Cadmium Exposure(The 57th Annual Meeting of the Society of Toxicology.)
3. 2017/12 Novel mechanism of renal toxicity induced by chronic cadmium exposure.(The 3rd Malaysian Congress of Toxicology)
4. 2017/09 カドミウムによる腎毒性発現の新規分子機構(フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー)
5. 2017/07 カドミウムの毒性学 —カドミウムによる腎毒性発現分子機構—(第44回日本毒性学会学術年会)
全件表示(61件)
■ 所属学会
1. 1983/04~ 日本薬学会
2. 2005/04~2007/03 ∟ ファルマシアトピックス専門小委員会委員
3. 2009/04~2010/03 ∟ 健康豆知識編集小委員会委員
4. 2012/04~2014/03 ∟ 東海支部 幹事
5. 2013/02~2015/01 ∟ 代議員
全件表示(20件)
■ 社会における活動
1. 2007/04~2016/03 日本薬学会 環境・衛生部会 試験法委員会委員
2. 2008/01~ 日本毒性学会 編集委員会 委員(2008年1月〜現在)
3. 2010/01~2010/12 日本毒性学会 田邊賞選考小委員会委員
4. 2010/04~2011/06 Journal of Health Science 編集委員
5. 2010/04~2019/03 日本薬学会 環境・衛生部会 フォーラム委員会委員
全件表示(14件)
■ 著書・論文歴
1. 2019 著書  Novel mechanisms of cadmium-induced toxicity in renal cells Cadmium Toxicity. Current Topics in Environ. Health Prev. Med.  (共著) 
2. 2019 論文  Transcription Factors and Downstream Genes in Cadmium Toxicity Biol. Pharm. Bull. 42,pp.1083-1088 (共著) 
3. 2018 論文  Effect of heat shock protein gene expression on cadmium toxicity in human proximal tubular cells. Fundam. Toxicol. Sci. 5,pp.93-97 (共著) 
4. 2018 論文  Glutathione has a more important role than metallothionein-I/II against inorganic mercury-induced acute renal toxicity. J. Toxicol. Sci. 43,pp.275-280 (共著) 
5. 2018 論文  Effects of long-term cadmium exposure on urinary metabolite profiles in mice. J. Toxicol. Sci. 43,pp.89-100 (共著) 
全件表示(53件)
■ 講師・講演
1. 2007/02 Toxicogenomics手法を利用したカドミウムの毒性発現に関与する遺伝子の同定(水俣)
2. 2008/04 疾患予防におけるメタロチオネインの有用性(長浜)
3. 2009/01 最近の食品汚染問題について(青森県八戸市)
4. 2009/02 メタロチオネイン誘導剤を利用した疾病予防(神戸)
5. 2009/06 トキシコゲノミクスを利用したカドミウムの毒性発現に関与する標的分子解析の試み(金沢市)
全件表示(9件)
■ 教育方法の工夫・教科書作成
●教育方法の実践例
1. 2006/04~ 「環境衛生学」講義
2. 2006/04~ 「公衆衛生学」講義
3. 2006/04~ 「食品衛生・栄養学」講義
4. 2018/04~ 「環境毒性学・放射化学」講義
●作成した教科書、教材
1. 2005/02 「環境・健康科学辞典」辞典 分担執筆
全件表示(18件)
■ 資格・免許
1. 1986/03 薬剤師免許
2. 2003/12 危険物取扱者免許(甲種)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2011/03  カドミウム毒性における鉄代謝異常の関与とその分子機構解明 文部科学省科学研究費 基盤研究B 
2. 2010/04~2013/03  Toxicogenomicsアプローチによるカドミウムの毒性発現と輸送のメカニズム解明に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2011/04~2014/03  無機砒素毒性発現における性差の機序と毒性学的意義の解明 文部科学省科学研究費 基盤研究B 
4. 2012/04~2015/03  発育・発達期における低濃度複合水銀曝露による神経行動毒性に対する遺伝的要因の影響 文部科学省科学研究費 基盤研究C 
5. 2013/04~2016/03  カドミウムの毒性発現に関わる新たな標的分子の同定およびその作用に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(9件)
■ 学外委員会・協会等
1. 2010/04~2013/03 厚生労働省 薬剤師試験委員
2. 2013/04~2014/03 厚生労働省 薬剤師試験委員 副主任
3. 2014/04~2015/03 厚生労働省 薬剤師試験委員 主任
4. 2014/04~ 文部科学省 科学技術動向センター 科学技術専門調査員
5. 2014/11~2016/01 厚生労働省 医道審議会専門委員
全件表示(11件)
■ 受賞学術賞
1. 1992/02 31st Annual Meeting of Society of Toxicology Metal Specialty Section Postdoctoral Award
2. 2002/03 第73回日本衛生学会 奨励賞
3. 2009/07 日本トキシコロジー学会(現 日本毒性学会)田邊賞
4. 2011/07 日本トキシコロジー学会(現 日本毒性学会)田邊賞
5. 2012/07 日本毒性学会 日本毒性学会 田邊賞
全件表示(8件)
■ 取得特許
1. 2012/05/09 間葉系細胞の分化誘導制御に基づく有機金属化合物による抗肥満作用(特願2012-107557)