(最終更新日:2019-05-18 15:35:53)
  フルノタダヒデ   FURUNO Tadahide
  古野忠秀
   所属   薬学部 薬品分析学
   職種   教授
■ 現在の専門分野
物理系薬学, 生物物理学, 分析化学, 細胞生物学, 免疫学 
■ 学歴(学位)
1. 1991/04~1993/03 名古屋市立大学大学院 薬学研究科 修士課程修了 博士(薬学)
■ 職歴
1. 1993/04~1997/05 名古屋市立大学 薬学部 助手
2. 1997/06~2001/03 名古屋市立大学 薬学部 専任講師
3. 2001/04~2005/03 名古屋市立大学大学院 薬学研究科 専任講師
4. 2005/04~2007/03 愛知学院大学 薬学部 薬品分析学 助教授
5. 2007/04~2015/03 愛知学院大学 薬学部 薬品分析学 准教授
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2019/03 マスト細胞の脱顆粒に及ぼす微小管アセチル化の影響(日本薬学会第139年会)
2. 2018/10 生物発光イメージングによるマスト細胞の開口放出の解析(第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)
3. 2018/09 Decreased intracellular granule movement and glucagon secretion in pancreatic alpha cells attached to superior cervical ganglion neurites.(The 56th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan)
4. 2018/03 神経突起との接着が膵島α細胞のグルカゴン分泌に及ぼす影響(日本薬学会第138年会)
5. 2017/03 神経とマスト細胞の接着力と相互作用の解析(日本薬学会第137年会)
全件表示(32件)
■ 所属学会
1. 1991/04~ 日本生化学会
2. 1991/04~ 日本生物物理学会
3. 2011/01~2012/12 ∟ 分野別専門委員
4. 2015/01~ ∟ 分野別専門委員
5. 1992/04~ 日本バイオイメージング学会
全件表示(19件)
■ 社会における活動
1. 2008/06 「見て理解するアレルギー~なおし方、ふせぎ方を求めて~」名古屋市生涯学習センター 愛知学院大学連携講座
2. 2008/08 見て理解するアレルギー~なおし方、ふせぎ方を求めて~ 東海ラジオ 愛知学院大学放送講座
■ 著書・論文歴
1. 2019 論文  Inhibition of degranulation in mast cells attached to a hydrogel through defective microtubule tracts. Experimental Cell Research  (共著) 
2. 2019/03 論文  Promotion of microtubule acetylation plays an important role in degranulation of antigen-activated mast cells. Inflammation Research 68(3),pp.181-184 (共著) 
3. 2019/02 論文  beta-arrestin-2 in PAR-1-biased signaling has a crucial role in endothelial function via PDGF-beta in stroke. Cell Death & Disease 10(2),pp.100 (共著) 
4. 2018/09 論文  Decreased intracellular granule movement and glucagon secretion in pancreatic α cells attached to superior cervical ganglion neurites. Molecular and Cellular Biochemistry 446(1-2),83-89頁 (共著) 
5. 2018/07 論文  Video-rate bioluminescence imaging of degranulation of mast cells attached to the extracellular matrix. Frontiers in Cell and Developmental Biology 6,pp.74 (共著) 
全件表示(38件)
■ 講師・講演
1. 2008/06 見て理解するアレルギー~なおし方、ふせぎ方を求めて~(日進)
2. 2009/06 アレルギーの世界をのぞいてみよう(名古屋)
■ 教育方法の工夫・教科書作成
●教育方法の実践例
1. 2005/04~ 薬品分析化学講義
2. 2006/04~ 基礎薬学実習Ⅰ
3. 2006/09~ 免疫学講義
●作成した教科書、教材
1. 2006/03 スタンダード薬学シリーズ4「生物系薬学Ⅲ.生体防御」(日本薬学会編、東京化学同人)
2. 2009/03 薬学分析科学の最前線(日本薬学会物理系薬学部会・分析化学担当教員会議編、じほう)
●教育に関する発表
全件表示(9件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2017/03  神経刺激による膵島細胞のシグナル伝播とホルモン分泌連鎖のダイナミクス解析 基盤研究(C) 
2. 2017/04~2020/03  蛍光・発光イメージングによる神経-免疫シナプスの分子機能解析 基盤研究(C) 
■ 学外委員会・協会等
1. 2004/04~ 日本バイオイメージング学会評議員
2. 2016/01~ 日本生物物理学会分野別専門委員
3. 2016/02~2017/01 日本薬学会東海支部会計幹事
4. 2017/02~ 日本薬学会代議員
■ 受賞学術賞
1. 1999/11 日本バイオイメージング学会奨励賞
2. 2005/03 日本薬学会奨励賞