(最終更新日:2020-06-02 10:31:39)
  ムラキ カツヒコ   MURAKI Katsuhiko
  村木 克彦
   所属   薬学部 薬効解析学
   職種   教授
■ 専門分野
薬理学 (キーワード:イオンチャンネル) 
■ 主要学科目
医療統計学,機能形態学I,薬物作用学II,医療薬学実習I,情報処理演習,細胞情報学特論I
■ 学歴(学位)
1. 1989/04~1992/03 名古屋市立大学 薬学研究科 博士課程修了 博士(薬学)(薬理系薬学)
■ 職歴
1. 1991/04~1993/02 名古屋市立大学 薬学部 日本学術振興会特別研究員
2. 1993/03~1996/01 名古屋市立大学 薬学部 助手
3. 1996/02~1999/12 名古屋市立大学 薬学部 専任講師
4. 2000/01~2005/03 名古屋市立大学 薬学部 助教授・准教授
5. 2005/04~ 愛知学院大学 薬学部 薬効解析学 教授
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2018/11 TRP channels and Chronic Fatigue Syndrome/Myalgic Encephalomyelitis: Overview and Future Perspectives(CFS/ME International 2018: RID - Research Innovation and Discovery Conference)
2. 2018/09 TRP channels in arthritis(Scandinavian Congress of Rheumatology)
3. 2018/07 Pyrazine-fused triterpenoids block TRPA1 ion channel in vitro and inhibit TRPA1-mediated inflammation in vivo(WCP2018)
4. 2018/05/24 TRPC1/C4を介した細胞機能変化と炎症刺激(TRP研究会2018)
5. 2017/06/22 (-) englerin AはTRPC1/TRPC4ヘテロマを分子標的としてがん細胞の細胞死を誘導する(TRP研究会2017)
全件表示(14件)
■ 所属学会
1. 1986/06~ 日本薬理学会
2. 1997/04~ ∟ 学術評議員
3. 1988/04~ 日本平滑筋学会
4. 2007/04~ ∟ 学会評議員
5. 1993/04~ 日本薬学会
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2006 「くすり~上手なつきあい方~ 尿路機能障害とその治療薬~頻尿と排尿困難を中心として~」平成18年度 名古屋市生涯学習推進センター 愛知学院大学連携講座
2. 2006/06~2008/06 放送大学講座 「薬の効果と評価」
3. 2009/06~2010/06 放送大学講座 「くすりの話:最近の話題」
■ 著書・論文歴
1. 2019 著書  TRPC1/4/5チャネルの生理機能および疾病との関連と標的創薬―特異的な活性化薬・抑制薬の発見による研究展開 医学のあゆみ 270(10),889-895頁 (共著) 
2. 2019 論文  Mechanically-activated Piezo1 channels of cardiac fibroblasts stimulate p38 mitogen-activated protein kinase and interleukin-6 secretion. J. Biol. Chem. 294(46),pp.17395-17408 (共著) 
3. 2019 論文  Naltrexone restores impaired transient receptor potential melastatin 3 ion channel function in natural killer cells from myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome patients Frontiers in Immunol. 10,pp.2545 (共著) 
4. 2019 論文  PIEZO1 and TRPV4, which are distinct mechano-sensors in the osteoblastic MC3T3-E1 cells, modify the cell-proliferation Int. J. Mol. Sci. 20(19),pp.e4960 (共著) 
5. 2019 論文  Piezo1 channel activation mimics high glucose as a stimulator of insulin release. Sci. Rep. 9(1),pp.16876 (共著) 
全件表示(48件)
■ 講師・講演
1. 2008/03 6年制薬学部における基礎薬学及び研究その位置づけ、問題点、展望(名古屋)
2. 2008/10 ITの教育利用-AGU Phram Comの構築(秋津)
3. 2008/10 理科補習教育について(名古屋)
4. 2014/04 Transcriptional regulation of TRPA1 channel: Links between inflammation and channel expression(Tampere, Finland)
5. 2014/11 薬物の作用点としてのカチオンチャネル:その多様性から新たな視点を探る(京都)
全件表示(6件)
■ 教育方法の工夫・教科書作成
●教育方法の実践例
1. 1993~1997 名古屋市立大学薬学部医用電子工学実習
2. 1993~2004 名古屋市立大学薬学部薬品作用学・薬物治療学実習
3. 1997~2000 名古屋市立大学薬学部生物検定法
4. 2006~ 愛知学院大学薬学部医療薬学科
5. 2006~ 愛知学院大学薬学部医療薬学科機能形態学I
●作成した教科書、教材
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
全件表示(18件)
■ 資格・免許
1. 1987/04 薬剤師免許
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2007/03  スフィンゴ脂質関連分子の可視化動態解析 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2006/04~2007/03  脂肪細胞の新規解析法 萌芽研究 
3. 2007/04~2008/03  ガン性疼痛治療を目指した新規カチオンチャネル作用薬の探索 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2007/04~2008/03  ナトリウム感受性および非感受性高血圧ラットにおけるMg透過性カチオンチャネルの発現および機能変化 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2007/04~2008/03  血管イオンチャネル遺伝子のエピジェネティックスと降圧薬感受性 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(14件)
■ 学外委員会・協会等
1. 2018/04/01~2020/03/31 名古屋市立大学薬学部 自己点検評価委員会 外部委員
■ 受賞学術賞
1. 1997/07 日本薬学会東海支部学術奨励賞
2. 2001/07 日本心脈管作動物質学会研究奨励賞
3. 2002/03 日本薬理学会学術奨励賞
■ 担当経験のある科目
1. 放送大学講座「くすりの話:最近の話題」(放送大学)
2. 放送大学講座「薬の効果と評価」(放送大学)