(最終更新日:2020-06-03 13:44:50)
  ヤマモト マサヒコ   YAMAMOTO Masahiko
  山本 正彦
   所属   心身科学部 健康科学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
人類遺伝学, 神経内科学, リハビリテーション科学 (キーワード:神経学) 
■ 主要学科目
健康科学科
■ 学歴(学位)
1. 昭和大学大学院 博士課程修了 医学博士(ウイルス学)
■ 職歴
1. 2005/04~ 愛知学院大学 心身科学部 健康科学科 教授
2. 2008/04~ 愛知学院大学大学院 心身科学研究科 健康科学専攻 教授
■ 学会発表
1. 2019/10 重度嚥下障害を呈した多発脳神経炎に対する頸部干渉波刺激装置の使用経験(第15回日本神経筋疾患 摂食・嚥下・栄養研究会学術集会)
2. 2019/07 視床下核脳深部刺激術後のパーキンソン病患者に生じる発話のリズム異常 小脳疾患との比較(第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス)
3. 2019/06 音節の繰り返しにてリズム異常を認める視床下核脳深部刺激術後のパーキンソン病患者の特徴 -小脳疾患との比較-(第20回日本言語聴覚学会)
4. 2019/06 食道癌根治術後における嚥下リハビリテーション~言語聴覚士の役割についての検討~(第73回日本食道学会学術集会)
5. 2019/06 食道診療におけるメディカルスタッフの役割(第73回日本食道学会学術集会)
全件表示(85件)
■ 所属学会
1. 1989/04~ 日本神経学会
2. 2005/04~ ∟ 専門医・指導医
3. 2012/04~ ∟ 代議員
4. 1990/04~ 日本リハビリテーション医学会
5. 2006/04~ ∟ 専門医
全件表示(15件)
■ 著書・論文歴
1. 2019/12 論文  Nasometric Scores in spinal and bulbar muscular atrophy - Effects of palatal lift prosthesis on dysarthria and dysphagia  407(116503) (共著) 
2. 2019/04 論文  Comprehensive tool to assess oral feeding support for functional recovery in post-acute rehabilitation J Am Med Dir Assoc  (共著) 
3. 2018/01 論文  Clinical significance of cognitive rehabilitation and psychoeducational intervention for family caregivers of patients with posterior cortical atrophy: a longitudinal study. Psychogeriatrics 18(1),pp.77 (共著) 
4. 2017/05 論文  Swallowing markers in spinal and bulbar muscular atrophy. Ann Clin Transl Neurol 4(8),pp.534-543 (共著) 
5. 2016/12 論文  Phonologic and Acoustic Analysis of Speech Following Glossectomy and the Effect of Rehabilitation on Speech Outcomes.   (共著) 
全件表示(43件)
■ 講師・講演
1. 2015/11 マラソンレクチャー「失語症候群の診断と治療」
2. 2015/11 遺伝カウンセリングの現状と将来
3. 2017/05 疾病医療から予防医療への展開-遺伝医学およびリハ医学の視点-