(最終更新日:2019-06-23 18:45:41)
  オオサワイサオ   OOSAWA Isao
  大澤功
   所属   心身科学部 健康科学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
内科学一般(含心身医学), 環境生理学(含体力医学・栄養生理学), 医療社会学, 疫学・予防医学, 代謝学, 応用健康科学 (キーワード:内科学、臨床疫学、学校保健) 
■ 学歴(学位)
1. 1977/04~1983/03 名古屋大学 医学部 卒業 (代謝学)
2. 1992/01
(学位取得)
名古屋大学 医学(博士)(代謝学)
■ 職歴
1. 1983/05~1988/03 袋井市立袋井市民病院 内科 医師
2. 1990/04~1999/03 名古屋大学保健体育センター 助手
3. 1999/04~2005/03 名古屋大学保健体育センター 助教授
4. 2005/04~ 愛知学院大学 心身科学部 健康科学科 教授
5. 2008/04~ 愛知学院大学大学院 心身科学研究科 健康科学専攻 教授
■ 学会発表
1. 2019/06/07 不妊・不育カウンセリングの利用状況~8年間の利用状況からの考察~.(日本不妊カウンセリング学会第18回学術集会)
2. 2018/10/27 愛知県B市の公共施設における受動喫煙対策の現状について.(第13回日本禁煙科学会学術総会)
3. 2018/10/03 色覚多様性と就職(第2報 ~身体について知っておく権利 ~.(第56回全国大学保健管理研究集会)
4. 2017/11/29 大学生に対するリプロダクティブ・ヘルス/ライツ支援と教育~官学・学学連携の展開~.(第55回全国大学保健管理研究集会)
5. 2017/11/05 文部科学省が示す希望者を募っての色覚検査の事後措置はどのようなものか?(日本学校保健学会第64回学術大会)
全件表示(85件)
■ 所属学会
1. 1984~ 日本消化器病学会
2. 1984~ 日本糖尿病学会
3. 2005/02~2017/07 ∟ 糖尿病対策推進会議地区担当委員
4. 2007/05~2015/04 ∟ 学術評議員
5. 2012/12 ∟ 「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会
全件表示(42件)
■ 社会における活動
1. 2010/04~2013/03 文部科学省大学設置・学校法人審議会専門委員(大学設置分科会)
2. 2012/04~ 日進市いきいき健康プランにっしん21推進委員会委員長
■ 著書・論文歴
1. 2019/03 論文  大学歯科健診後の口腔の健康に対する関心と自覚症状-歯科健診を実施しているA大学での調査-. 社会歯科学会雑誌 11,3-14頁 (共著) 
2. 2018/05 論文  特集:大学が行う多様な学生サポートの試み.体育・スポーツ系学生に必要な健康サポート. CAMPUS HEALTH 55(2),61-64頁 (単著) 
3. 2018/03 論文  大学生に対するリプロダクティブ・ヘルス/ ライツ支援と教育~官学・学学連携の展開~ CAMPUS HEALTH 55(1),201-201頁 (共著) 
4. 2018/02 論文  「学校保健研究」における質的研究の展開. 学校保健研究 59(6),398-400頁 (単著) 
5. 2017/09 論文  男子高校生が取り組むピア・サポート・プログラムが学校環境適応感に及ぼす影響. 東海学校保健研究 41(1),31-42頁 (共著) 
全件表示(71件)
■ 講師・講演
1. 2013/11 心と身体の健康管理-生活習慣指導のエビデンス-(秋田)
2. 2014/03 問診票を利用した糖尿病検診の有用性
3. 2014/06 ストレスの考え方と評価法(大阪)
4. 2014/07 健康管理の重要性-健康管理面から見た事故防止策-(みよし)
5. 2014/10 ストレスの考え方と評価法(大阪)
全件表示(28件)
■ 資格・免許
1. 1983/05 医師免許状
2. 1991/09 日本内科学会認定内科医(日本内科学会・第2614号)
3. 1992/12 日本内科学会認定総合内科専門医(日本内科学会・第1741号)
4. 1994/12 日本消化器病学会専門医(日本消化器病学会・第08457号)
5. 1995/01 日本医師会認定健康スポーツ医(日本医師会・第9401052号)
全件表示(6件)
■ 学外委員会・協会等
1. 2010/04/01~2013/03/31 文部科学省大学設置・学校法人審議会専門委員会(大学設置分科会) 委員
2. 2012/04/01~ 日進市いきいき健康プランにっしん21推進委員会 委員長
■ 受賞学術賞
1. 1992/09 日本体力医学会 日本体力医学会賞 (身体トレーニングの相違が末梢組織におけるinsulin actionにおよぼす影響について)