(最終更新日:2021-06-09 10:42:46)
  オクムラ ヨウコ   OKUMURA Youko
  奥村 陽子
   所属   歯学部 麻酔学
   職種   助教
■ 専門分野
麻酔科学 (キーワード:歯科麻酔学) 
■ 主要学科目
歯科麻酔学
■ 学歴(学位)
1. 1999/03~ 愛知学院大学 歯学部 歯学科 卒業
■ 職歴
1. 1999/03~2007/03 愛知学院大学 歯学部 麻酔学 助手
2. 2007/04~ 愛知学院大学 歯学部 麻酔学 助教
■ 学会発表
1. 2018/10/05 Usefulness of Airway Scope for intubation of infants with cleft lip and palate comparison with Macintosh laryngoscope(The international Fedaration of Dental Anesthesiology Societies)
2. 2018/03/23 狭心症,高血圧症および糖尿病を有する肥満高齢患者の全身麻酔に際し術前管理に難渋した1例(第27回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会)
3. 2016/11/04 口唇裂を有する乳児の気管挿管における エアウェイスコープの有用性 ―マッキントッシュ型との比較検討―(日本臨床麻酔学会第37回大会)
4. 2009/12 全身麻酔導入時にアナフィラキシー様症状を呈した1症例(第29回日本歯科麻酔学会中部地方会)
5. 2008/10 舌弁を用いた口蓋瘻孔閉鎖術の術後譫妄の防止にデクスメデトミジンが有用であった症例(第35回日本歯科麻酔学会総会)
■ 所属学会
1. 1997/04~ 日本歯科麻酔学会
2. 1997/09~ 日本臨床麻酔学会
3. 2006/06 日本麻酔科学会
4. 2015/12~ 日本有病者歯科医療学会
5. 2017/08~ 日本障害者歯科学会
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 2019/05 論文  The effect of various dilute administration of rocuronium bromide on both vascular pain and pharmacologic onset:a randomized controlled trial BioMedcentral Anesthesiology  (共著) 
2. 2019/01 論文  Usefulness of Airway Scope for intubation of infants with cleft lip and palate comparison with Macintosh Laryngoscope:a randomized controlled trial BioMedCentral Anesthesiology  (共著) 
3. 2018/09 論文  フェンタニル持続投与を併用したプロポフォール静脈内鎮静法の呼吸循環動態とその回復過程に関する後方視的研究 愛知学院大学歯学会誌 56(3),222-235頁 (共著) 
4. 2017/08 論文  A case of atypical opostoperative malignant hyperthermia after the eighth generan anesthesia in a child with cheriognathopalatoschisis Open journal of Anesthesiology 7(8),pp.234-239 (共著) 
5. 2020/02 論文  全身麻酔からの覚醒後、解離性障害と思われる昏睡状態になった症例 臨床麻酔 44(2),155-158頁 (共著) 
全件表示(13件)
■ 教育方法の工夫・教科書作成
1. 2016/04/01~ 下顎孔伝達麻酔
2. 2016/04/01~ 局所麻酔法の局所的偶発症
3. 2019/04/01~ 下顎孔伝達麻酔(解剖・手技・局所的偶発症・全身的偶発症)
4. 2019/04/01~ 下顎孔伝達麻酔(解剖・手技・局所的偶発症・全身的偶発症)
■ 資格・免許
1. 2000/08/27 日本歯科麻酔学会認定医
2. 2013/07/01 日本歯科麻酔学会認定歯科麻酔専門医
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/09~2018/04  静脈内鎮静法における呼吸循環動態と術後鎮痛効果 個人研究 
2. 2018/11~  デクスメデトミジンとミダゾラムによる静脈内鎮静法に併用するフェンタニル持続投与の有用性 個人研究 
3. 2018/12~  幼獣マウスのセボフルラン麻酔に起因する成長後の認知障害に対するクロニジンの内服前投薬による予防効果 機関内共同研究 
■ 担当経験のある科目
1. 歯科麻酔学(愛知学院大学歯学部)