(最終更新日:2021-08-19 09:51:23)
  イトウ マサユキ   ITOU Masayuki
  伊藤 雅之
   所属   文学部 宗教文化学科
   職種   教授
■ 専門分野
宗教学, 社会学 (キーワード:宗教社会学、スピリチュアリティ文化研究(ヨーガ、マインドフルネス)、ポジティブ心理学) 
■ 主要学科目
宗教社会学、宗教心理学、現代社会と宗教
■ 学歴(学位)
1. 1989/09~1998/05 ペンシルバニア大学大学院 社会学部 博士課程修了 Ph.D.(Sociology)
■ 職歴
1. 2021/04~ 愛知学院大学 文学部 宗教文化学科 教授
2. 2021/04~ 愛知学院大学大学院 文学研究科 宗教学仏教学専攻 教授
3. 2017/04~2021/03 愛知学院大学大学院 文学研究科 英語圏文化専攻 教授
4. 2015/04~2021/03 愛知学院大学 文学部 英語英米文化学科 教授
5. 2007/04~2015/03 愛知学院大学 文学部 国際文化学科 准教授
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2020/09/19 ポジティブ心理学とスピリチュアリティ研究(日本宗教学会)
2. 2015/08 現代イギリスのマインドフルネス教育(日本マインドフルネス学会)
3. 2015/01 Yoga, Meditation, and Spirituality in Contemporary Japan and Britain(CSJR Seminar Centre for the Study of Japanese Religions)
4. 2013/11 現代の幸福論とスピリチュアリティ文化の接点(霊性研究フォーラム)
5. 2011/09/04 玉城康四郎の仏教学と現代スピリチュアリティ研究(日本宗教学会)
全件表示(33件)
■ 所属学会
1. 1996~ International Association for the Sociology of Religion
2. 1996/05~ 「宗教と社会」学会
3. 2001/06~2003/06 ∟ 常任委員
4. 2003/06~2005/06 ∟ 常任委員
5. 1996/09~ 日本宗教学会
全件表示(14件)
■ 社会における活動
1. 2021/04~ 日本臨床宗教師会 理事
2. 2016/09~ 日本マインドフルネス普及協会 代表副理事
3. 2008~ 日韓次世代学術フォーラム諮問教授
4. 2004~2008 日韓次世代学術フォーラム運営委員
■ 著書・論文歴
1. 2021/06 論文  Experiences of People Keeping a Three Good Things Daily Journal of Practical and Professional Nursing 5(1) (共著) 
2. 2021/06 著書  Trends in Modern Spiritual Culture: Eckhart Tolle and the Neo-Advaita Movement (book chapter) Spirituality as a Way: The Wisdom of Japan edited by Naoki Kashio and Carl Becker pp.179-192 (単著) 
3. 2019/09 その他  現代宗教論における「軽さ」と「自己の聖性」をめぐって(研究会報告)  (45),23-24頁 (単著) 
4. 2019/04 論文  人間崇拝の宗教としてのヒューマニズム—ヒューマニストUKの活動を手がかりとして  (85),2-8頁 (単著) 
5. 2016/08 著書  ポスト世俗化時代のスピリチュアリティ―マインドフルネス・ムーブメントを手がかりとして(1章分担当) 講座スピリチュアル学 第7巻 スピリチュアリティと宗教 176-196頁 (単著) 
全件表示(56件)
■ 講師・講演
1. 2020/11/20 はじめてのマインドフルネス(動画配信、川崎市生田中学校区教育会議)
2. 2019/12/14 ストレス軽減のための心と体のトレーニング―― イギリス式マインドフルネス実践法(横浜市健康福祉総合センター)
3. 2019/11/16 しなやかな心を育てるマインドフルネス実践―― イギリス発 .b(ドット・ビー)プログラムを学ぶ(慈恵医大国領キャンパス大講堂)
4. 2018/12/01 イギリス式マインドフルネス実践法
5. 2018/09/25 ストレス社会におけるマインドフルネスの役割(東京・品川)
全件表示(9件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~  精神障害者のウェルビーイング理論に基づくセルフマネジメントプログラムの開発 基盤研究(c) 
2. 2020/04~  学際的チームによる住民のメンタルヘルス支援モデル構築に向けたプログラム開発と 検証 基盤研究(B) 
3. 2016/04~2019/03  マインドフルネスを使い情動知能を高めることにより自律的学習者を育てる研究 挑戦的萌芽研究 (キーワード:マインドフルネス / 情動知能 / ポジティブ感情 / ネガティブ感情 / 感情の認識 / 感情の制御 / 自律的学習者)
4. 2013/04~2015/03  ポジティブ心理学に基づいた学習効果向上に関する基礎研究 挑戦的萌芽研究 (キーワード:ポジティブ心理学 / 内的状態 / ポジティブ感情 / ネガティブ感情 / マインドフルネス / 学習行動)
5. 2004/04~2006/03  現代スピリチュアリティ文化の学際的研究-ウェブコミュニティを通じたネットワーク形成の視点から- 基盤研究(C) (キーワード:スピリチュアルケア、民俗芸能、コミュニティの変容、多元主義、spirituality)
全件表示(6件)
■ 受賞学術賞
1. 1995/08 Robert McNamara Award--Special Distinction(Association for the Sociology of Religion)
■ 担当経験のある科目
1. 現代思想演習、宗教学(日本大学文理学部(1999-2001))
2. 宗教学(名古屋市立大学(2004-2009))
3. 比較宗教論(中部大学(1998))
4. 臨床社会学(中京大学社会学部(2004-2009))