(最終更新日:2019-06-10 10:33:53)
  モリタアヤミ   MORITA Ayami
  森田あや美
   所属   薬学部 生体機能化学
   職種   助教
■ 現在の専門分野
生物系薬学 (キーワード:骨免疫学,がん転移) 
■ 主要学科目
基礎薬学実習III
■ 学歴(学位)
1. 1995/04~1997/03 名古屋市立大学 薬学研究科 修士課程修了 博士(薬学)
■ 職歴
1. 1997/04~2006/03 愛知学院大学 歯学部 薬理学 助手
2. 2006/04~2007/03 愛知学院大学 薬学部 生体機能化学 助手
3. 2007/04~ 愛知学院大学 薬学部 生体機能化学 助教
■ 学会発表
1. 2019/03/22 活性型ビタミンD3がスキルス胃癌の腹膜転移能に与える影響(日本薬学会第139回年会)
2. 2018/03/28 スキルス胃癌の腹膜転移における Galectin 4 の役割(日本薬学会第138年会)
3. 2018/03/28 スキルス胃癌の腹膜転移に関わる遺伝子の機能解析(日本薬学会第138年会)
4. 2018/03/28 スキルス胃癌の腹膜転移機能の解明に関する研究(日本薬学会第138年会)
5. 2016/03/28 ヒト骨芽細胞のIL-1beta誘導性細胞増殖におけるWntシグナルの関与(第136回日本薬学会年会)
全件表示(12件)
■ 所属学会
1. 1997/04~ 日本歯科基礎医学会
2. 1997/04~ 日本薬理学会
3. 1998/04~ 日本骨代謝学会
4. 2008/01~ 日本薬学会
5. 2011/09~ 日本生化学会
■ 社会における活動
1. 2013/03 高校模擬講義(桜花学園高等学校)
2. 2015/07 高校模擬講義(名古屋大学教育学部付属高等学校)
3. 2017/10 高校模擬講義(愛知工業大学名電高等学校)
■ 著書・論文歴
1. 2018 論文  MicroRNAs regulating epithelial-mesenchymal transition can be targeted to inhibit peritoneal dissemination in human scirrhous gastric cancers. Pathobiology 58(4),pp.232-246 (共著) 
2. 2015 論文  Activation of caspase-8 and caspase-9 are required for PC12 cells differentiation. J Immunoassay Immunochem 36,pp.547-558 (共著) 
3. 2013 論文  The presence of RANKL-OPG complex in human osteosarcoma U2OS. J Immunoassay Immunochem 34,pp.356-364 (共著) 
4. 2011 論文  Hydrocortisone inhibits cellular proliferation by downregulating hepatocyte growth factor synthesis in human osteoblasts. Biological and Pharmaceutical Bulletin 34(5),pp.700-703 (共著) 
5. 2011 論文  The presence of TRAIL-OPG complex in human osteosarcoma and human salivary gland adenocarcinoma. Journal Immunoassay Immunochemistry 32(1),pp.70-78 (共著) 
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2012/05 骨芽細胞の骨吸収促進因子産生機構の解析およびヒト神経芽細胞を用いた近年の研究報告(愛知県 名古屋市)
■ 資格・免許
1. 1995 日本薬剤師免許
■ 受賞学術賞
1. なし