ニノミヤカツミ
  二宮克美 総合政策学部 総合政策学科 教授

現在の専門分野
  教育心理学 (キーワード:教育心理学、発達心理学) 
主要学科目
心理学(発達心理学、教育心理学、パーソナリティ心理学など)
学歴(学位)
1. 1970/04~1974/03 名古屋大学 教育学部 教育心理学科 卒業
2. 1974/04~1976/03 名古屋大学大学院 教育学研究科 教育心理学 修士課程修了
3. 1977/04~1980/03 名古屋大学 教育学研究科 教育心理学 博士課程単位取得満期退学
4. 1989/05
(学位取得)
名古屋大学 教育心理学教育学博士
職歴
1. 1980/04~1985/03 名古屋大学 教育学部 助手
2. 1985/04~1986/02 愛知学院大学 教養部 教養部本属 講師
3. 1986/03~1995/03 愛知学院大学 教養部 教養部本属 助教授
4. 1995/04~1998/03 愛知学院大学 教養部 教養部本属 教授
5. 1998/04~ 愛知学院大学 総合政策学部 総合政策学科 教授
全件表示(6件)
学会発表
1. 2018/09/17 中学生の社会的行動についての研究(114)(日本教育心理学会第60回総会)
2. 2017/10/09 中学生の社会的行動についての研究(109)(日本教育心理学会第59回総会)
3. 2017/10/09 中学生の社会的行動についての研究(110)―自殺念慮の変化と、家庭および友だちの要因の関連―(日本教育心理学会第59回総会)
4. 2017/10/08 縦断的研究の難しさ―中学生の社会的行動の研究を通して得たこと―(日本教育心理学会第59回総会)
5. 2017/09/07 日本と台湾の高校生の意識調査(5)―具体的側面の重要度ごとの全体的自己価値、具体的側面の自己価値の比較―(日本パーソナリティ心理学会第26回大会)
全件表示(83件)
所属学会
1. 1974/04~ 日本教育心理学会
2. 1995/04~1997/03 ∟ 研究委員
3. 2006/04~2008/03 ∟ 編集委員
4. 2014/01~2016/12 ∟ 常任編集委員
5. 1975/04~ 日本心理学会
全件表示(15件)
著書・論文歴
1. 2018/07 論文  Comparison of privacy consciousness between Japanese and Twiwanese.  (共著) 
2. 2017/11 論文  「父親・母親が中学生に対してどのようなしつけ行動をしているか」に関する縦断的検討  (共著) 
3. 2017/03 著書  シリーズ「心理学と仕事」第5巻『発達心理学』  (共著) 
4. 2017/03 著書  探求!教育心理学の世界  (共著) 
5. 2017/03 論文  日本と台湾の高校生の意識調査―思いやり意識・プライバシー意識・介護意識・自己に関する意識を中心に―  (共著) 
全件表示(44件)
講師・講演
1. 2011/08 思いやりのある心を育てる教育(愛知県)
2. 2011/11 「こころ」は老いるか(愛知県)
3. 2015/06 音楽と心理学:音は心の中で音楽になる(日進市)
4. 2015/12 音楽と心理学(1)(名古屋)
5. 2015/12 音楽と心理学(2)(名古屋)
全件表示(6件)
教育方法の工夫・教科書作成
●作成した教科書、教材
1. 2008/01 ベーシック心理学
2. 2011/03 発達心理学概論
3. 2011/09 発達心理学Ⅰ
4. 2012/10 生涯発達心理学(第2版)
5. 2015/11/10~ エッセンシャルズ心理学-心理学的素養の学びー
全件表示(8件)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.