ヤマムラケイコ
  山村恵子 薬学部 臨床薬剤学 教授

現在の専門分野
  キーワード:医療薬学 
学歴(学位)
1. 金沢大学 薬学部 博士(薬学)
職歴
1. 2005/04~ 愛知学院大学 薬学部 臨床薬剤学 教授
2. 2012/04~ 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 教授
学会発表
1. 2017/10 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015を用いた有料老人ホーム入居者の薬物療法の現状調査(第50回日本薬剤師会学術大会)
2. 2017/10 保険薬局の薬剤師によるビスホスホネート製剤の治療効果向上を目指した医薬連携の取り組み(第50回日本薬剤師会学術大会)
3. 2016/10 薬学部教員と薬学生が行う地域貢献 「地域の高齢者を対象とした認知症セミナー及び軽度認知障害のスクリーニング実施後の医療機関への受診実態調査」(日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会)
4. 2016/09 患者QOLの向上を目的とし た味覚センサーを用いたオ ロパタジン塩酸塩口腔内崩壊錠の先発医薬品および後発医薬品の苦味評価(第17回日本QOL学会)
5. 2016/07 小児患者に投薬された医薬品の副作用を早期発見するための電話訪問の評価(第62回日本薬学会東海支部大会)
全件表示(54件)
所属学会
1. 1988 日本医療薬学会
2. 1989~ 日本薬学会
3. 2011 日本プライマリ・ケア連合学会
4. 2013 日本認知症学会
社会における活動
1. 2016/05 あいち健康の森薬草園感謝祭 マイ健康度チェック
著書・論文歴
1. 2018 論文  Adverse drug events affecting medication persistence with rivastigmine patch application (inpress)  (共著) 
2. 2018 論文  Effect of continuous intravenous oxycodone infusion in opioid-naive cancer patients with dyspnea (inpress)  (共著) 
3. 2017 著書  セルフケアとOTC医薬品  (共著) 
4. 2017 論文  A case of successful concomitant administration of warfarin and uracil-tegafur/leucovorin achieved by self-measurement of INR  (共著) 
5. 2017 論文  フェンタニル舌下錠の適正使用に向けた現状調査と問題点の検討  (共著) 
全件表示(44件)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.