ミゾグチアキラ
  溝口明 教養部 教養部本属 教授

現在の専門分野
  形態・構造(比較内分泌学), 昆虫科学(昆虫生理生化学、昆虫発生、季節適応) 
学歴(学位)
1. 1977/04~1982/03 名古屋大学 理学研究科 生物学専攻 博士課程修了 形態・構造理学博士
職歴
1. 1986/09~1989/09 名古屋大学 理学部 助手
2. 2015/04~ 愛知学院大学 教養部 教養部本属 教授
学会発表
1. 2015/09/17 カイコガ生殖器原基の成長発達のホルモン調節機構(日本動物学会第86回大会)
2. 2015/09/17 ヨトウガ蛹休眠の休眠覚醒後の成虫発生を制御する内分泌機構(日本動物学会第86回大会)
3. 2014/09/11 カイコガ生殖器原基の成長発達のホルモン調節機構(日本動物学会第85回大会)
4. 2014/09/11 ヨトウガ蛹休眠の休眠覚醒を制御する内分泌機構(日本動物学会第85回大会)
5. 2013/09 カイコガ生殖器原基の発達に及ぼすエクジステロイドとIGF様ペプチドの協同作用(日本動物学会第84回大会)
全件表示(8件)
所属学会
1. 1978/04~ 日本動物学会
著書・論文歴
1. 2017 論文  Identification of ecdysteroidogenic enzyme genes and their expression during pupal diapause in the cabbage armyworm Mamestra brassicae.  (共著) 
2. 2017 論文  Localization and functional analysis of the insect-specific RabX4 in the brain of Bombyx mori.  (共著) 
3. 2017 論文  Endocrine changes during diapause development in the cabbage army moth Maestra brassicae.  (共著) 
4. 2017 論文  Insulin-like growth factor (IGF)-like peptide and 20-hydroxyecdysone regulate the growth and development of the male genital disk through different mechanisms in the silk moth, Bombyx mori.  (共著) 
5. 2017 論文  Myosuppression is involved in the regulation of pupal diapause in the cabbage army moth Mamestra brassicae.  (共著) 
全件表示(17件)
講師・講演
1. 2012/12 環境による昆虫蛹休眠の調節(福井市)
研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2016/03  新規PTTH受容体の精製と構造決定  国内共同研究  (キーワード:前胸腺シゲキホルモン、受容体、カイコガ)
2. 2015/04~2018/03  昆虫の成虫原基の成長発達を誘導する内分泌メカニズムの解明  国内共同研究  (キーワード:エクジステロイド、IGF様ペプチド、成虫原基、カイコガ)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.