ハシモトヨウコ
  橋本洋子 歯学部 生化学 講師

現在の専門分野
  医化学一般, 代謝学, 内分泌学 (キーワード:カテプシン、細胞内輸送、植物油脂、ビタミンK、糖尿病、動脈硬化、慢性腎不全、生活習慣病) 
学歴(学位)
1. 1972/04~1976/03 名古屋市立大学 薬学部 薬学科 卒業
2. 1989/06/26
(学位取得)
名古屋市立大学 薬学博士 (皮膚科学)
職歴
1. 1976/04~1990/05 愛知学院大学 歯学部 生化学 助手
2. 1992/06~1995/04 愛知学院大学 歯学部 生化学 助手
3. 1990/06~1992/05 米国 ノースキャロライナ大学 デンタルリサーチセンター ポストドクトラルフェロー
4. 1995/05~ 愛知学院大学 歯学部 生化学 講師
学会発表
1. 2018/07/04 Canola oil toxicity in SHRSP and its sex difference(18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology [Kyoto])
2. 2017/09/23 カノーラ油によるビタミンK2、D3の合成阻害と多臓器障害(環境ホルモンシンポジウム、日本脂質栄養学会第26回大会 [東京])
3. 2017/09/22 SHRSP におけるカノーラ油毒性(日本脂質栄養学会第26回大会 [東京])
4. 2016/03/29 SHRSP におけるカノーラ油摂取による有害効果の性差(日本薬学会第136年会 [横浜])
5. 2016/03/10 カノーラ油摂取が SHRSP のステロイドホルモン代謝に及ぼす影響(第89回日本薬理学会年会 [横浜])
全件表示(28件)
所属学会
1. 1976/04~ 日本生化学学会
2. 1992/04~2015/03 日本結合組織学会
3. 1996/04~ 日本癌学会
4. 1996/04~ 日本軟骨代謝学会
5. 2012/04~ 日本脂質栄養学会
全件表示(7件)
著書・論文歴
1. 2017/06 著書  糖尿なのに脂質(あぶら)が主因! ISBN978-4-904363-66-9  (共著) 
2. 2017/06 論文  Statins cause lifestyle-related diseases-biochemical mechanism (DOI: 10.4172/2470-7570.1000122)  (共著) 
3. 2017/01 論文  Gelatin zymography using leupeptin for the detection of various cathepsin L forms (DOI: 10.1007/978-1-4939-6934-0_16)  (単著) 
4. 2016/06 論文  Medicines and vegetable oils as hidden causes of cardiovascular disease and diabetes (DOI: 10.1159/000446704)  (共著) 
5. 2015/12 論文  An active 32-kDa Cathepsin L is secreted directly from HT 1080 fibrosarcoma cells and not via lysosomal exocytosis (DOI: 10.1371/journal.pone.0145067)  (共著) 
全件表示(52件)
講師・講演
1. 2007/04 生化学で長生き  ーアルコール代謝を中心にー(四日市)
2. 2013/07 身体に良い油、悪い油(金沢)
受賞学術賞
1. 1992/02 A Young Investigator Travel Award, The IV th International Conference on CBMT. (San Diego)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.