マエカワマミコ
  前川眞見子 歯学部 解剖学講座 准教授

現在の専門分野
  解剖学一般(含組織学・発生学) 
主要学科目
人体の構造
学歴(学位)
1. 1975/04~1979/03 京都大学 農学部 卒業
2. 1979/04~1981/03 京都大学 農学研究科 修士課程修了 農学修士
3. 1981/04~1985/03 大阪大学 医学研究科 博士課程修了 医学博士
職歴
1. 1985/08~2007/03 千葉大学医学部 解剖学第二講座 助手
2. 2007/04~2015/03 千葉大学大学院医学研究院 形態形成学 助教
3. 2015/04~ 愛知学院大学 歯学部 解剖学講座 准教授
学会発表
1. 2018/03/29 マウス生殖腺の性分化過程における転写因子SF-1の役割(第123回日本解剖学会総会・全国学術集会)
2. 2017/03/30 遺伝子改変マウスを用いた生殖腺分化におけるSF-1の機能の解析(第122回日本解剖学会総会・全国学術集会)
3. 2016/03/29 マウス精子におけるモノカルボン酸トランスポーター2とベイシジンの共存(第121回日本解剖学会)
4. 2015/09/13 口蓋裂を伴うA/Jマウス胎仔における骨形成因子の発現(第57回歯科基礎医学会学術大会)
5. 2015/03/23 Basigin interacts with monocarboxylate transporter 2 in the mouse testicular and epididymal sperm(第120回日本解剖学会総会・全国学術集会)
全件表示(6件)
所属学会
1. 1985/04~ 日本アンドロロジー学会
2. 1991/04~ ∟ 評議員
3. 1985/11~ 日本解剖学会
4. 1997/04~ 日本発生生物学会
5. 2015/05~ 歯科基礎医学会
著書・論文歴
1. 2017 論文  EPC1/TIP60-mediated histone acetylation facilitates spermiogenesis in mice.  (共著) 
2. 2016 論文  Interaction between basigin and monocarboxylatetransporter 2 (MCT2) in the mouse testes and spermatozoa.  (共著) 
3. 2015 論文  Immunohistochemical localization of GLUT3, MCT1, and MCT2 in the testes of mice and rats: the use of different energy sources in spermatogenesis.  (共著) 
4. 2013/12 論文  Unique structures of organelles observed in primary spermatocytes after micro-injection of protein solutions such as immunoglobulin into the lumen of the seminiferous tubules in mice and rats.  (共著) 
5. 2011/06 論文  Localization of RA175 (Cadm1), a cell adhesion molecule of the immunoglobulin superfamily, in the mouse testis and analysis of male infertility in the RA175- deficient mouse.  (共著) 
全件表示(66件)
講師・講演
1. 2016/04 不妊症と歯科治療
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.