ハジアキラ
  櫨彰 薬学部 応用薬理学 教授

現在の専門分野
  生物系薬学, 薬理学一般, 神経科学・神経薬理学 (キーワード:神経薬理学) 
主要学科目
薬理学
学歴(学位)
1. 富山医科薬科大学大学院医学研究科博士課程 医学研究科 博士課程修了 医学博士
2. 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士前期課程 修士課程修了 薬学修士
3. 名古屋市立大学薬学部 卒業 薬学士
職歴
1. 1990/04~1995/03 富山医科薬科大学 医学部 薬理学 助手
2. 1995/04~2005/03 富山医科薬科大学 医学部 薬理学 助教授・准教授
3. 2005/04~ 愛知学院大学 薬学部 応用薬理学 教授
4. 2012/04~ 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 教授
学会発表
1. 2017/06 ラット三叉神経脊髄路尾側亜核ニューロンのシナプス伝達に対するPGE2の促進作用におけるTRPV1チャネルの関与(第37回日本歯科薬物療法学会)
2. 2017/03 ラット孤束核2次ニューロンにおけるL-DOPAの興奮性シナプス伝達に対する作用(第90回日本薬理学会年会)
3. 2017/03 坐骨神経部分結紮モデルマウスにおける骨の変化(第90回日本薬理学会年会)
4. 2016/07 感覚神経-骨芽細胞における細胞間シグナル伝達機構の解明(第62回日本薬学会東海支部大会)
5. 2016/07 孤束核におけるL-DOPAの微小興奮性後電流に対する作用(第62回日本薬学会東海支部大会)
全件表示(41件)
所属学会
1. 日本神経科学会
2. 日本生理学会
3. 日本薬学会
4. 日本薬理学会
社会における活動
1. 2006/06 愛知学院大学公開講座
2. 2006/06 名古屋市民大学・大学連携講座
3. 2006/08 愛知学院大学放送講座
著書・論文歴
1. 2017 論文  Synaptic transmission in the nucleus tractus solitarius and modes of action of central antitussives.  (共著) 
2. 2017 論文  Hippocampal cholinergic neurostimulating peptide as a possible modulating factor against glutamatergic neuronal disability by amyloid oligomers  (共著) 
3. 2017 論文  L-DOPA inhibits excitatory synaptic transmissions in the rat nucleus tractus solitarius through release of dopamine  (共著) 
4. 2016 論文  Reversal of morphine-induced respiratory depression by doxapram in anesthetized rats  (共著) 
5. 2016 論文  Mechanisms of pentazocine-induced ventilatory depression and antinociception in anesthetized rats  (共著) 
全件表示(37件)
学外委員会・協会等
1. 1993/04~ 日本薬理学会 学術評議員
2. 1995/03~ 日本生理学会 評議員
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.