キトウトシユキ
  鬼頭敏幸 薬学部 疾患病態学 教授

主要学科目
疾患病態学Ⅱ
学歴(学位)
1. 1976/04~1982/03 京都大学 医学部 卒業
2. 1986/04~1990/03 京都大学 医学研究科 博士課程修了
職歴
1. 1992/08~1995/07 京都大学医学部附属病院 小児科 助手
2. 1995/08~1998/03 市立舞鶴市民病院 小児科 副部長
3. 1998/04~2008/12 滋賀県立小児保健医療センター 小児科 部長
4. 2009/01~2009/05 愛知医科大学 病院小児科 専任講師
5. 2009/06~2016/03 愛知医科大学医学部 小児科学講座 准教授
全件表示(7件)
学会発表
1. 2017/11/20 薬学部における小児がん治療についての教育について(第59回 日本小児血液・がん学会学術集会)
2. 2017/10/15 Increased levels of plasma pentraxin 3 predict IVIG resistance and coronary artery lesion formation in patients with Kawasaki disease(EAP 2017 Congress and MasterCourse)
3. 2017/10/03 C-REACTIVE PROTEIN AND BONE PAIN AT DIAGNOSIS PREDICT THE OUTCOME OF PEDIATRIC LANGERHANS CELL HISTIOCYTOSIS WITH SINGLE-SYSTEM MULTIFOCAL LESIONS: RESULT OF THE JAPAN LANHERHANS CELL HISTIOCYTOSIS STUDY GROUP-02 PROTOCOL STUDY(33rd Annual Meeting of Histiocyte Society)
4. 2017/04/21 特異な経過を呈したリウマトイド因子陽性・抗CCP抗体陽性少関節型若年性特発性関節炎の4例(第61回日本リウマチ学会総会・学術集会)
5. 2017/03/02 前立腺がん細胞におけるアスパラギン合成酵素の発現制御を基盤とした増殖能や転移能の抑制効果について(第5回サイエンスフォーラム)
全件表示(38件)
所属学会
1. 1982/07~ 日本小児科学会
2. 2012/01~2015/12 ∟ 評議員
3. 2013/04~ ∟ 専門医試験運営委員
4. 1984/01~ 日本血液学会
5. 1985/01~ 日本小児血液・がん学会
全件表示(21件)
社会における活動
1. 1990/04~ 日本小児科学会 小児科専門認定医
2. 2000/04~ 日本血液学会血液専門医、血液指導医
3. 2005/01~ ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
4. 2006/01~ 日本小児血液・がん学会評議員
5. 2008/04~ 日本小児リウマチ学会運営委員
全件表示(11件)
著書・論文歴
1. 2017/03 論文  Increased levels of plasma pentraxin 3 predict IVIG resistance and coronary artery lesion formation in patients with Kawasaki disease.  (共著) 
2. 2017/08 論文  Development and Initial Validation of the Macrophage Activation Syndrome/Primary Hemophagocytic Lymphohistiocytosis Score, a Diagnostic Tool that Differentiates Primary Hemophagocytic Lymphohistiocytosis from Macrophage Activation Syndrome.  (共著) 
3. 2016/08 論文  冠動脈病変マーカー(PTX3, sLOX-1,MMP)  (単著) 
4. 2015/10 著書  小児血液・腫瘍学  (共著) 
5. 2016/03 論文  2016 Classification Criteria for Macrophage Activation Syndrome Complicating Systemic Juvenile Idiopathic Arthritis: A European League Against Rheumatism/American College of Rheumatology/Paediatric Rheumatology International Trials Organisation Collaborative Initiative  (共著) 
全件表示(17件)
講師・講演
1. 2004/07 若年性関節リウマチ患者における抗CCP抗体測定の意義について(豊中市)
2. 2010/05 新規承認ワクチンを含めた予防接種 -結合型ワクチンによる髄膜炎予防効果を中心に-(半田市)
3. 2012/06 マクロファージ活性化症候群 -HLHとは鑑別されるべき組織球症性疾患-(東京都)
4. 2014/07 見逃してはいけない小児の関節疾患~若年性特発性関節炎JIAの診断・治療(名古屋市)
教育方法の工夫・教科書作成
●教育方法の実践例
1. 2009/01/01~2016/03/31 医学部4年生講義・生殖・成育ユニット
2. 2009/09/16~2016/03/31 愛知医科大学看護学部
3. 2015/10/01~ 愛知県立大学看護学部非常勤講師採用
4. 2016/04/01 愛知学院大学歯学部臨床医学(小児科学)担当
資格・免許
1. 1982/05/30 医籍登録
研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2016/03  モノクローナル抗体をもちいたアスパラギナーゼ感受性腫瘍の検索  基盤研究(C)  (キーワード:国際情報交換, 細胞死, アミノ酸代謝, アミノ酸要求性, 抗がん剤, 選択的毒性, 感受性予測, 酵素製剤)
2. 2013/04~2014/03  川崎病の冠動脈病変の発症・悪化を予測する新規マーカー分子測定系の確立に関する研究  競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2013/10~2014/04  川崎病における血中PTX3複合体の同定  その他の補助金・助成金 
4. 2016/04~  パターン認識受容体ペントラキシン3を分子標的とする川崎病新規治療法の開発  基盤研究(C) 
海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計 0 回
 在留期間2週間未満のもの   計 1 回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0 回  0 回
 外国機関  0 回  0 回
 文部科学省・日本学術振興会  1 回  1 回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0 回  0 回
 所属機関  0 回  0 回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0 回  0 回
 自費  0 回  0 回
 計  1 回  1 回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語 
 論文の執筆に主に用いる言語   英語 
学外委員会・協会等
1. 2001/07/01~2008/12/31 滋賀県小児慢性特定疾患対策協議会委員
2. 2007/01/01~2008/12/31 滋賀県母子保健事業評価委員
3. 2007/07/01~2008/12/31 滋賀県小児保健協会常務理事
4. 2007/11/01~2009/12/31 日本小児保健協会評議員
5. 2008/07/01~2016/03/31 愛知県小児科医会理事
全件表示(7件)
取得特許
1. 2017/05/02 MONOCLONAL ANTIBODY SPECIFICALLY RECOGNIZING ASPARAGINE SYNTHETASE (US 9,638,697 B2)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.