ノモトシュウジ
  野本周嗣 歯学部 外科学 教授

学歴(学位)
1. 1980/04~1987/03 愛媛大学 医学部 卒業
2. 1993/04~1997/03 名古屋大学 医学系研究科 博士課程修了 博士(医学)(消化器外科学)
職歴
1. 1997/04~1999/03 愛知県がんセンター研究所 主任研究員
2. 1999/04~1999/06 名古屋大学医学部附属病院 第二外科 非常勤医員
3. 1999/07~2000/03 名古屋大学医学部附属病院 第二外科 非常勤講師
4. 2000/04~2003/10 アメリカ ジョンスホプキンス大学 頭頸部外科 研究員
5. 2003/11~2005/03 名古屋大学医学部附属病院 病態制御外科 非常勤医員
全件表示(8件)
学会発表
1. 2018/07/12 肝細胞癌切除後・予後予測マーカーとしてのLong non-coding RNA 発現(第73 回日本消化器外科学会総会)
2. 2018/04/18 Changes of oral microbiome profiles associated with oral squamous cell carcinoma(AACR Annual Meeting 2018 (American Association for Cancer Research))
3. 2016/04/19 Correlation between the expression of Sox2, Oct4 and deltaNp63 in clinical samples of resected esophageal cancers(AACR Annual Meeting 2016 (American Association for Cancer Research))
4. 2016/04/16 肝細胞癌治癒切除後の予後予測バイオマーカーとしてのMelanoma-associated antigen-D2遺伝子の有用性の検討(第116回日本外科学会定期学術集会)
5. 2016/04/16 発現アレイにより抽出した胃癌におけるlncRNA MALAT1の検討(第116回日本外科学会定期学術集会)
全件表示(48件)
所属学会
1. 1987/07~ 日本外科学会
2. 1987/07~ 日本消化器外科学会
3. 2015/04~ ∟ 評議員
4. 1989/03~ 日本臨床外科学会
5. 1993/07~ 日本肝臓学会
全件表示(14件)
著書・論文歴
1. 2018/06 論文  当院における5年間の異物誤嚥・誤飲症例の検討  (共著) 
2. 2017/11 論文  Prognostic Value of Long Non-Coding RNA HULC and MALAT1 Following the Curative Resection of Hepatocellular Carcinoma.  (共著) 
3. 2017/05 論文  Search for useful in biomarkers in hepatocellular carcinoma, tumor factors and background liver factors(Review)  (共著) 
4. 2017/05 論文  Epigenetic modulation associated with carcinogenesis and prognosis of human gastric cancer.  (共著) 
5. 2017/01 論文  Association of Inflammasome Components in Background Liver with Poor Prognosis After Curatively-resected Hepatocellular Carcinoma.  (共著) 
全件表示(68件)
講師・講演
1. 2015/05 外科手術における近年の話題(名古屋)
2. 2015/06 歯科と外科との関連
3. 2016/01 がんという病気との付き合い方
4. 2016/06 消化器疾患と口臭
5. 2016/07 がんという病気との付き合い方
全件表示(10件)
資格・免許
1. 1987/05/25 医籍登録
研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2007/03  扁平上皮におけるStemCell Factorの同定と癌の診断・治療への応用  基盤研究(C) 
2. 2005/04~2006/03  扁平上皮におけるStemCell Factorの同定と癌の診断への応用  その他の補助金・助成金 
3. 2006/04~2007/03  癌における細胞、組織システムの破綻でのp53-FGF1 Pathwayの働き  その他の補助金・助成金 
4. 2007/04~2009/03  癌組織の血管新生、転移における変異型p53-FGF-1経路の影響  基盤研究(C) 
5. 2008/04~2011/03  肝転移腫瘍に対する腫瘍溶解性ウイルスの血管内投与法の開発  基盤研究(B) 
全件表示(14件)
受賞学術賞
1. 2009/04 AACR-ITO EN,Ltd.Scholar-in-Training Award
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.