オサダタカシ
  長田孝司 薬学部 臨床薬剤学 准教授

現在の専門分野
  キーワード:医療薬学、医療に関わる安全管理 
主要学科目
医薬品情報学
学歴(学位)
1. 1981/04~1985/03 名城大学 薬学部 卒業 薬学士
2. 1998/04~2000/03 名古屋大学 医学研究科 博士(医学)(医療系薬学)
職歴
1. 2006/04~2007/03 愛知学院大学 薬学部 臨床薬剤学 助教授
2. 2007/04~ 愛知学院大学 薬学部 臨床薬剤学 准教授
学会発表
1. 2016/10/30 薬学部教員と薬学生が行う地域貢献「地域の高齢者を対象とした認知症セミナー及び軽度認知障害のスクリーニング実施後の医療機関への受診実態調査」(日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2016)
2. 2016/09/03 患者QOLの向上を目的とした味覚センサーを用いたオロパタジン塩酸塩口腔内崩壊錠の先発医薬品および後発医薬品の苦味評価(第17回日本QOL学会)
3. 2016/07/09 小児患者に投薬された医薬品の副作用を早期発見するための電話訪問の評価(第62回日本薬学会東海支部大会)
4. 2016/06/12 保険薬局における医療用麻薬の患者教育の現状と課題(第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会)
5. 2016/06/11 保険薬局における「COPD-PS」および「ハイチェッカー」を用いたCOPDスクリーニング活動(第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会)
全件表示(42件)
所属学会
1. 1988/02~ 日本薬学会
2. 1989/07~2015/03 日本 DDS 学会
3. 1999/04~ 日本医療薬学会
4. 2006/06~ 日本プライマリ・ケア学会
5. 2006/07~2017/02 日本ジェネリック学会
全件表示(6件)
社会における活動
1. 2011/04~2014/03 東海地区調整機構・実務実習システム標準化小委員会(WG3)
2. 2012/04~2014/03 東海薬学コンソーシアム(旧戦略連携事業)第3部会
3. 2012/04~2014/03 東名古屋地域生活習慣病指導教育連携・運営委員
4. 2014/04~2015/03 東海地区調整機構・OSCE小委員会(WG5)
5. 2015/04~ 東海地区調整機構・実務実習施設調整小委員会(WG1)
著書・論文歴
1. 2017/01 著書  実務実習事前学習のための調剤学改訂版2刷  (共著) 
2. 2015/03 著書  今日のOTC薬改訂第3版  (共著) 
3. 2014/04 論文  ディビゲル1mg使用中の患者の理解度と使用感調査  (共著) 
4. 2014 論文  Effects on caregiver burden of a donepezil hydrochloride dosage increase to 10 mg/day in patients with Alzheimer's disease.  (共著) 
5. 2013/12 論文  薬局早期体験学習における一般用医薬品についての愛知学院大学薬学生の認識・理解度調査  (共著) 
全件表示(25件)
講師・講演
1. 2008/11 初心者を対象とする調剤の基礎[講義と実習](名古屋)
2. 2009/11 初心者を対象とする調剤の基礎[講義と実習](名古屋)
3. 2010/07 薬学部における実務実習事前学習と実務実習の現状(名古屋)
4. 2010/10 医薬品と情報(名古屋)
5. 2010/12 糖尿病で用いられる薬剤(名古屋)
全件表示(48件)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.