タナカアツコ
  田中淳子 法務支援センター 所属教員 教授

現在の専門分野
  キーワード:民法、物権法、不動産物権変動論 
主要学科目
物権法、担保法、民法応用演習Ⅱ、法情報検索
学歴(学位)
1. 1987/04~1990/03 愛知学院大学 法学部 卒業
2. 1990/04~1992/03 愛知学院大学大学院 法学研究科 修士課程修了 修士(法学)
3. 1992/04~1995/03 愛知学院大学大学院 法学研究科 博士課程単位取得満期退学
4. 2000/02
(学位取得)
愛知学院大学大学院 博士(法学)
職歴
1. 2008/04~2017/03 愛知学院大学大学院 法務研究科 法科/法務研究科 教授
2. 2017/04~ 愛知学院大学 法務支援センター 所属教員 教授
学会発表
1. 2018/04 民法185条前段「所有の意思の表示」に関する判断基準について(民事法研究会)
2. 2018/01 土地家屋調査士業務と法的責任(山形県土地家屋調査士会)
3. 2017/12 土地家屋調査士業務と法的責任(鳥取県土地家屋調査士会)
4. 2017/11 長期未着手問題について(愛知県都市計画協議会)
5. 2017/11 土地家屋調査士業務と民法改正(鳥取県土地家屋調査士会)
全件表示(12件)
所属学会
1. 1990/10~ 金融法学会
2. 1990/10~ 日本私法学会
3. 1991/05~ 日本法社会学会
4. 1991/06~ 日本公証法学会
5. 2013/05~ ∟ 理事
全件表示(9件)
社会における活動
1. 1991/01~ 中部家族法研究会
2. 1992/05~ 民事法研究会
3. 2000/04~2004/03 情報公開条例審議会審議委員(恵那市)、 男女共同参画懇話会専門委員・相談委員(春日井市)
4. 2011/03~ 愛知県事業認定審議会委員
5. 2011/10~ 三重県収用委員会委員
全件表示(11件)
著書・論文歴
1. 2018/01 論文  民法185条前段「所有の意思の表示」の判断喜寿についての一考察  (単著) 
2. 2017/07 論文  調査士法3条業務に関する研究(中間報告)  (単著) 
3. 2017/03 論文  投資信託受益権から生じた預り金債権と共同相続  (単著) 
4. 2016/06 論文  境界紛争と境界概念  (単著) 
5. 2016/05 著書  「道路・水路をめぐる境界立会い-実務と課題」  (共著) 
全件表示(30件)
講師・講演
1. 2012/08 業務委託契約について
2. 2012/09 契約の有効性について
3. 2012/10 取得時効と登記と抵当権の消長<最判平成24年3月16日裁時1552号156頁)
4. 2012/10 消費者契約法について
5. 2012/11 標準契約書の作成
全件表示(39件)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.