タケイヨシフミ
  武井佳史 薬学部 生体機能化学 教授

現在の専門分野
  病態医化学, 医化学一般, 生物系薬学, 機能生物化学, 分子生物学, 細胞生物学, 代謝学 
主要学科目
生化学
学歴(学位)
1. 1987/04~1991/03 岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学科 卒業
2. 1991/04~1993/03 岐阜薬科大学 薬学研究科 修士課程修了
3. 岐阜薬科大学 薬学研究科 博士課程 博士(薬学)(生物系薬学)
4. 1999/04~2002/03 名古屋大学 医学系研究科 博士課程修了 博士(医学)(病態医化学)
職歴
1. 1993/04~1999/03 マルコ製薬株式会社 創薬研究所 研究員
2. 2000/04~2002/03 日本学術振興会特別研究員DC1 日本学術振興会特別研究員
3. 2002/04~2003/03 日本学術振興会特別研究員PD 日本学術振興会特別研究員
4. 2003/04~2004/03 名古屋大学医学部 生化学第一講座(文部科学教官) 助手
5. 2003/04~2004/03 日本赤十字愛知短期大学 看護学科(兼任) 大学等非常勤研究員
全件表示(11件)
学会発表
1. 2018/09 ヒトスキルス胃がんの腹膜転移に関わる長鎖非コードRNAシグネチャーの解析(第77回 日本癌学会学術総会)
2. 2018/07 スキルス胃がんの腹膜転移に伴い発現変動するlncRNAの同定とその機能解析(第20回日本RNA学会年会)
3. 2018/07 スキルス胃癌の転移を標的とした化合物スクリーニング方法の確立と一次スクリーニングの結果(第64回日本薬学会東海支部 総会・大会)
4. 2018/07 スキルス胃癌の腹膜転移制御におけるlong non-coding RNA(lncRNA)の機能解析(第64回日本薬学会東海支部 総会・大会)
5. 2018/05 スキルス胃癌の転移に伴い発現変動する遺伝子シグネチャーの同定とそれら遺伝子の機能解析(第82回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム)
全件表示(48件)
所属学会
1. 1991/04~ 日本生化学会
2. 2016/09~ ∟ 評議員
3. 1991/04~ 日本薬学会
4. 2018/04~ ∟ 代議員 東海支部幹事
5. 2001/04~ 日本癌学会
全件表示(12件)
社会における活動
1. 2010/10~ 「Current Drug discovery Technologies」編集委員(Editorial Board)
2. 2012/04~ 「ISRN Nephrology」編集委員(Editorial Board)
3. 2015/01~ 「World Journal of Clinical Oncology」編集委員(Editorial Board)
著書・論文歴
1. 2018 論文  MicroRNAs regulating epithelial-mesenchymal transition can be targeted to inhibit peritoneal dissemination in human scirrhous gastric cancers.  (共著) 
2. 2018 論文  Combined anti-metastasis therapy of an siRNA-based medicine and ABT-263 in orthotopically xenografted prostate cancer model mice.  (単著) 
3. 2018 論文  Roles of VEGF-C pathway in fibrosis-related lymphangiogenesis.  (共著) 
4. 2018 論文  VEGF-A pathway induces neoangiogenesis with peritoneal fibrosis in patients undergoing peritoneal dialysis.  (共著) 
5. 2017 論文  Sodium chloride promotes tissue inflammation via osmotic stimuli in sub-total-nephrectomized mice.  (共著) 
全件表示(36件)
講師・講演
1. 2003/06 ミッドカインを標的とした癌治療(名古屋市)
2. 2006/06 Molecular targeting cancer therapy against tumor angiogenesis involving RNA interference: in vivo siRNA delivery system with atelocollagen.(Kyoto, JAPAN)
3. 2006/09 腫瘍の血管新生を標的としたRNAi治療:ヒトVEGFに対するsiRNAのin vivo導入技術:アテロコラーゲン法とエレクトロポレーション法(横浜市)
4. 2007/04 癌や炎症性疾患に対する分子標的治療法~siRNAの全身および局所deliveryにおけるアテロコラーゲンの有用性
5. 2008/10 Paclitaxel fits nicely to combine with molecular targeting cancer therapy via RNA interference.(Nurnberg, Germany)
全件表示(21件)
資格・免許
1. 1991 薬剤師免許
研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2007/03  RNA分解酵素によるsiRNAの切断様式の解明とそれに基づく安定化修飾法の開発  若手研究B 
2. 2005/04~2007/03  リンパ管新生因子VEGF-Cとその受容体VEGF-R3の発現抑制による癌転移抑止  特定領域研究 
3. 2007/04~2009/03  siRNAや短鎖RNAが塩基配列特異的に誘導するI型IFNを利用した新規癌治療法  基盤研究C 
4. 2009/04~2012/03  インターフェロン応答を回避可能なsiRNA全身デリバリー法  基盤研究C 
5. 2012/04~2015/03  細胞表面のコラーゲン受容体を介する標的細胞特異的なsiRNA送達  基盤研究C 
全件表示(8件)
学外委員会・協会等
1. 2017/04~ 日本私立薬科大学協会・薬学教育協議会(専門委員会)教科担当教員会議 生化学 委員
2. 2017/04~ 薬剤師国家試験問題検討委員会 「物理・化学・生物」 部会 委員
3. 2018/04~ 薬学教育評価機構評価者育成担当運営準備委員会 委員
取得特許
1. 2003/03/14 スルトプリド誘導体及び抗スルトプリド抗体 (特許第3408158号)
2. 2007/12/07 アンチセンスオリゴヌクレオチドの新規作成法 (特許第4048296号)
3. 2010/03/26 siRNAを用いたヒト血管内皮増殖因子の発現の強い抑制 (特許第4480125号)
4. 2012/03/23 脂肪組織由来間葉系幹細胞を含有する、勃起不全又は尿意障害用の細胞製剤 (特許第4953335号)
5. 2012/07/13 脂肪組織由来間葉系幹細胞を含有する、前立腺癌治療用細胞製剤 (特許第5035737号)
全件表示(7件)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.