タケイヨシフミ
  武井佳史 薬学部 生体機能化学 教授

現在の専門分野
  病態医化学, 医化学一般, 生物系薬学, 機能生物化学, 分子生物学, 細胞生物学, 代謝学 
主要学科目
生化学
学歴(学位)
1. 1987/04~1991/03 岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学科 卒業
2. 1991/04~1993/03 岐阜薬科大学 薬学研究科 修士課程修了
3. 岐阜薬科大学 薬学研究科 博士課程 博士(薬学)(生物系薬学)
4. 1999/04~2002/03 名古屋大学 医学系研究科 博士課程修了 博士(医学)(病態医化学)
職歴
1. 1993/04~1999/03 マルコ製薬株式会社 創薬研究所 研究員
2. 2000/04~2002/03 日本学術振興会特別研究員DC1 日本学術振興会特別研究員
3. 2002/04~2003/03 日本学術振興会特別研究員PD 日本学術振興会特別研究員
4. 2003/04~2004/03 名古屋大学医学部 生化学第一講座(文部科学教官) 助手
5. 2003/04~2004/03 日本赤十字愛知短期大学 看護学科(兼任) 大学等非常勤研究員
全件表示(11件)
学会発表
1. 2017/11 Apoptosis inhibitor of macrophage ameliorates fungus-induced peritoneal injury model in mice.(American Society of Nephrology, Kidney Week 2017)
2. 2017/09 スキルス胃癌患者由来のリンパ行性転移細胞株の樹立とその抗転移療法への応用(第76回 日本癌学会学術総会)
3. 2017/09 ヒトスキルス胃がんの網羅的転写解析による新たな転移シグネチャーの抽出(第76回 日本癌学会学術総会)
4. 2016/09 スキルス胃癌の腹膜転移を制御する代謝酵素の解析(第89回日本生化学会大会)
5. 2016/02 Metabolic reprogramming-associated microRNA is a new target to repress peritoneal dissemination of scirrhous gastric cancers.(10th Joint Conference of the American Association for Cancer Research and the Japanese Cancer Association: Breakthroughs in Cancer Research: From Basic to Therapeutics)
全件表示(40件)
所属学会
1. 1991/04~ 日本生化学会
2. 2016/09~ ∟ 評議員
3. 1991/04~ 日本薬学会
4. 2018/04~ ∟ 東海支部幹事
5. 2001/04~ 日本癌学会
全件表示(12件)
社会における活動
1. 2010/10~ 「Current Drug discovery Technologies」編集委員(Editorial Board)
2. 2012/04~ 「ISRN Nephrology」編集委員(Editorial Board)
3. 2015/01~ 「World Journal of Clinical Oncology」編集委員(Editorial Board)
著書・論文歴
1. 2017 論文  Sodium chloride promotes tissue inflammation via osmotic stimuli in sub-total-nephrectomized mice.  (共著) 
2. 2017 論文  The microRNA miR-516a-3p regulates the Wnt pathway by targeting extracellular sulfatase 1 in human scirrhous gastric cancers: Anti-metastatic therapy via miRNA-based medicine.  (共著) 
3. 2017 論文  Apoptosis inhibitor of macrophage ameliorates fungus-induced peritoneal injury model in mice.  (共著) 
4. 2017 論文  T cells bearing anti-CD19 and/or anti-CD38 chimeric antigen receptors effectively abrogate primary double-hit lymphoma cells.  (共著) 
5. 2016 論文  Vascular endothelial injury in the development of encapsulating peritoneal sclerosis in long-term peritoneal dialysis patients.  (共著) 
全件表示(32件)
講師・講演
1. 2003/06 ミッドカインを標的とした癌治療(名古屋市)
2. 2006/06 Molecular targeting cancer therapy against tumor angiogenesis involving RNA interference: in vivo siRNA delivery system with atelocollagen.(Kyoto, JAPAN)
3. 2006/09 腫瘍の血管新生を標的としたRNAi治療:ヒトVEGFに対するsiRNAのin vivo導入技術:アテロコラーゲン法とエレクトロポレーション法(横浜市)
4. 2007/04 癌や炎症性疾患に対する分子標的治療法~siRNAの全身および局所deliveryにおけるアテロコラーゲンの有用性
5. 2008/10 Paclitaxel fits nicely to combine with molecular targeting cancer therapy via RNA interference.(Nurnberg, Germany)
全件表示(21件)
資格・免許
1. 1991 薬剤師免許
研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2007/03  RNA分解酵素によるsiRNAの切断様式の解明とそれに基づく安定化修飾法の開発  若手研究B 
2. 2005/04~2007/03  リンパ管新生因子VEGF-Cとその受容体VEGF-R3の発現抑制による癌転移抑止  特定領域研究 
3. 2007/04~2009/03  siRNAや短鎖RNAが塩基配列特異的に誘導するI型IFNを利用した新規癌治療法  基盤研究C 
4. 2009/04~2012/03  インターフェロン応答を回避可能なsiRNA全身デリバリー法  基盤研究C 
5. 2012/04~2015/03  細胞表面のコラーゲン受容体を介する標的細胞特異的なsiRNA送達  基盤研究C 
全件表示(7件)
学外委員会・協会等
1. 2017/04~ 日本私立薬科大学協会・薬学教育協議会(専門委員会)教科担当教員会議 生化学 委員
2. 2017/04~ 薬剤師国家試験問題検討委員会 「物理・化学・生物」 部会 委員
3. 2018/04~ 薬学教育評価機構評価者育成担当運営準備委員会 委員
取得特許
1. 2003/03/14 スルトプリド誘導体及び抗スルトプリド抗体 (特許第3408158号)
2. 2007/12/07 アンチセンスオリゴヌクレオチドの新規作成法 (特許第4048296号)
3. 2010/03/26 siRNAを用いたヒト血管内皮増殖因子の発現の強い抑制 (特許第4480125号)
4. 2012/03/23 脂肪組織由来間葉系幹細胞を含有する、勃起不全又は尿意障害用の細胞製剤 (特許第4953335号)
5. 2012/07/13 脂肪組織由来間葉系幹細胞を含有する、前立腺癌治療用細胞製剤 (特許第5035737号)
全件表示(7件)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.