ナカヤマシゲホ
  中山重穂 商学部 商学科 教授

現在の専門分野
  accounting (キーワード:会計、財務会計、財務報告) 
主要学科目
財務会計論
学歴(学位)
1. 慶應義塾大学 商学研究科 博士課程単位取得満期退学
職歴
1. 2009/04~2015/03 愛知学院大学 商学部 商学科 准教授
2. 2015/04~ 愛知学院大学 商学部 商学科 教授
3. 2017/04~ 愛知学院大学大学院 商学研究科 商学専攻 教授
4. 2017/04~2018/03 ニューイングランド大学(オーストラリア) 客員研究員
学会発表
1. 2016/12/03 IASBデュー・プロセスにおけるパブリック・コメントの役割(統一論題「日本の会計を考える」)(日本会計研究学会第138回中部部会)
2. 2015/03/13 「IASB概念フレームワークにおける質的特性の位置付け」(ワークショップ「国際会計研究会」)
3. 2014/08/26 「2013年IASB討議資料『「財務報告に関する概念フレームワーク」の見直し』に対する コメントレターの検討」(国際会計研究学会第31回大会)
4. 2014/08/07 「財務諸表の構成要素と不確実性」(第55回日本経営分析学会中部研究部会)
5. 2014/03/02 「概念フレームワーク設定に対するコメントレターの分析」(第53回日本経営分析学会中部研究部会)
全件表示(22件)
所属学会
1. 国際会計研究学会
2. 日本会計研究学会
3. 日本経営分析学会
著書・論文歴
1. 2018/11 論文  『「財務報告に関する概念フレームワーク」の見直し』に対するコメントレターの影響の分析  (単著) 
2. 2017/09 論文  「非営利組織へのIASB概念フレームワークの適用可能性」  (単著) 
3. 2015/07 論文  「2013年IASB『討議資料』における資産および負債の定義の検討」  (単著) 
4. 2014/08 著書  『ズバッ!とわかる会計学』   
5. 2014/03 論文  「概念フレームワーク設定に対するコメントレターの分析 –試論:2006年『予備的見解』への会計基準設定主体のコメントを中心として−」  (単著) 
全件表示(38件)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.