コバヤシナオコ
  小林奈央子 文学部 宗教文化学科 准教授

学歴(学位)
1. 1993/04~1997/03 愛知学院大学 文学部 宗教学科 卒業 学士(宗教学)
2. 1997/04~1999/03 愛知学院大学大学院 文学研究科 宗教学仏教学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 1999/09~2000/09 ロンドン大学大学院東洋アフリカ研究学院(SOAS) 修士課程修了 MA Japanese Religions
4. 2004/04~2008/03 名古屋大学大学院 文学研究科 博士課程単位取得満期退学
5. 2010/06/30
(学位取得)
名古屋大学大学院 博士(文学)
職歴
1. 2014/04~2016/03 愛知学院大学 文学部 宗教文化学科 講師
2. 2016/04~ 愛知学院大学 文学部 宗教文化学科 准教授
3. 2017/04~ 愛知学院大学大学院 文学研究科 宗教学仏教学専攻 准教授
4. 2017/04~ 愛知学院大学大学院 文学研究科 宗教学仏教学専攻 准教授
学会発表
1. 2018/10/21 「鳥取からの小豆島巡拝-大山北麓地域を中心にー」(第39回日本山岳修験学会大山学術大会)
2. 2018/03/28 地域を結ぶ講組織・尾州鷹羽講(名古屋民俗研究会例会)
3. 2018/02/16 「講」組織のこれから―秋葉代参講・尾州鷹羽講から考える―(美術文化史研究会)
4. 2018/02/09 神と人がつくりだす「聖地」ー御嶽講における御座の巫儀(東北大学日本学プロジェクト・公開ワークショップ「列島の霊場―聖なる地の誕生の物語―」)
5. 2018/01/26 日本の民俗学研究と「女性」―ジェンダー研究の視点から―(第303回京都民俗学会談話会)
全件表示(12件)
著書・論文歴
1. 2019/02 論文  「立ち現れる神霊-御嶽講の御座儀礼」小山聡子・松本健太郎編『幽霊の歴史文化学』  (単著) 
2. 2018/08 論文  「女人禁制」大谷栄一・菊地暁・永岡崇編『日本宗教史のキーワード―近代主義を超えて』  (単著) 
3. 2018/07 その他 「組織に属す」男性、「人につく」女性?  (単著) 
4. 2017/07 その他 「信心」は女性のもの?  (単著) 
5. 2017/06 論文  "Editors Introduction: Gendering Religious Practice in Japan"  (共著) 
全件表示(21件)
講師・講演
1. 2016/11 御嶽山信仰と尾張の人びと―その歴史と信仰―(愛知学院大学名城公園キャンパス)
2. 2017/04 基調講演「尾張に生きる御嶽信仰―その歴史と現在―」(春日井市)
学外委員会・協会等
1. 2009/06~2013/06 「宗教と社会」学会 常任委員
2. 2011/07~ 「宗教と社会貢献」研究会 『宗教と社会貢献』編集委員
3. 2013/11~ 日本山岳修験学会 評議員
4. 2016/09~ 日本宗教学会 評議員
5. 2017/06~ 「宗教と社会」学会 常任委員
全件表示(6件)
受賞学術賞
1. 2009/11 日本山岳修験学会奨励賞:受賞論文「霊神碑は語る―東海地方における霊神碑の現況と霊神信仰」
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.