(最終更新日:2020-05-23 18:34:48)
  コバヤシ ナオコ   KOBAYASHI Naoko
  小林 奈央子
   所属   文学部 宗教文化学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
宗教学, 文化人類学・民俗学 (キーワード:山岳信仰、民俗宗教、宗教とジェンダー) 
■ 学歴(学位)
1. 1993/04~1997/03 愛知学院大学 文学部 宗教学科 卒業 学士(文学)
2. 1997/04~1999/03 愛知学院大学大学院 文学研究科 宗教学仏教学専攻 修士課程修了 修士(文学)
3. 1999/09~2000/09 英国立ロンドン大学大学院東洋アフリカ研究学院(SOAS) 修士課程修了 MA Japanese Religions
4. 2004/04~2008/03 名古屋大学大学院 文学研究科 博士課程単位取得満期退学
5. 2010/06/30
(学位取得)
名古屋大学大学院 博士(文学)
■ 職歴
1. 2010/10~ 南山宗教文化研究所非常勤研究員 研究員
2. 2014/04~2016/03 愛知学院大学 文学部 宗教文化学科 講師
3. 2016/04~ 愛知学院大学 文学部 宗教文化学科 准教授
4. 2017/04~ 愛知学院大学大学院 文学研究科 宗教学仏教学専攻 准教授
5. 2020/04~ 龍谷大学ジェンダーと宗教研究センター客員研究員
■ 学会発表
1. 2020/01/22 山陰・但馬地方からの小豆島巡拝(名古屋民俗研究会例会)
2. 2019/02/15 小豆島霊場を支えた鳥取からの巡拝(美術文化史研究会)
3. 2018/10/21 鳥取からの小豆島巡拝-大山北麓地域を中心にー(第39回日本山岳修験学会大山学術大会)
4. 2018/03/28 地域を結ぶ講組織・尾州鷹羽講(名古屋民俗研究会例会)
5. 2018/02/16 「講」組織のこれから―秋葉代参講・尾州鷹羽講から考える―(美術文化史研究会)
全件表示(14件)
■ 所属学会
1. 1997~ 「宗教と社会」学会
2. 2009/06~2013/06 ∟ 常任委員
3. 2017/06~ ∟ 常任委員
4. 1997~ 日本宗教学会
5. 2016/09~ ∟ 評議員
全件表示(14件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/05 論文  「在地の人びとをつなぐ代参講―尾州鷹羽講を事例に―」長谷部八朗編著『講研究の可能性Ⅳ』   (単著) 
2. 2020/04 その他  「宗内生教育を通じて思うこと」 『大法輪』5月号 46-48頁 (単著) 
3. 2020/03 論文  「木曽御嶽講の霊神碑―東海地域を事例として」和崎春日編『響き合うフィールド, 躍動する世界』  126-146頁 (単著) 
4. 2019/09 論文  「民俗宗教研究におけるジェンダー視点の必要性-女性行者を中心に-」 『宗教研究』 93(395),57-78頁 (単著) 
5. 2019/08 論文  「鳥取からの小豆島巡拝-「東伯一心会」の活動を中心に」 『山岳修験』第64号(大山特集) (64),63-76頁 (単著) 
全件表示(28件)
■ 講師・講演
1. 2016/11 御嶽山信仰と尾張の人びと―その歴史と信仰―(愛知学院大学名城公園キャンパス)
2. 2017/04 基調講演「尾張に生きる御嶽信仰―その歴史と現在―」(春日井市)
3. 2019/02 岩倉市シニア大学社会学部「尾張の人々と木曽御嶽信仰」
4. 2019/02 日進市生涯学習課・大学連携講座「尾張・三河の民俗信仰」(全4回)
5. 2019/05 愛知学院大学公開講座「自然災害と民俗 ~災害を防ぐ知恵・生きぬく知恵~」
■ 学外委員会・協会等
1. 2009/06~2013/06 「宗教と社会」学会 常任委員
2. 2011/07~ 「宗教と社会貢献」研究会 『宗教と社会貢献』編集委員
3. 2013/11~ 日本山岳修験学会 評議員
4. 2016/09~ 日本宗教学会 評議員
5. 2017/06~ 「宗教と社会」学会 常任委員
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 2009/11 日本山岳修験学会 日本山岳修験学会奨励賞:受賞論文「霊神碑は語る―東海地方における霊神碑の現況と霊神信仰」 (「霊神碑は語る―東海地方における霊神碑の現況と霊神信仰」、『山岳修験』第42号(2008))
■ 担当経験のある科目
1. 現代社会と宗教(愛知学院大学)
2. 祭祀と信仰(中京大学)
3. 宗教と民俗文化(愛知学院大学)
4. 宗教科教育法(愛知学院大学)
5. 宗教学入門(愛知学院大学)
全件表示(8件)