オオイヨシアキ
  大井義明 薬学部 応用薬理学 准教授

現在の専門分野
  生物系薬学, 薬理学一般 (キーワード:神経薬理学) 
学歴(学位)
1. 1996/04~2001/03 名古屋市立大学大学院 薬学研究科 博士課程修了 博士(薬学)(薬学)
職歴
1. 2001/04~2007/03 富山医科薬科大学(現:富山大学) 医学部 薬理学 助教
2. 2007/04~2015/03 愛知学院大学 薬学部 応用薬理学 講師
3. 2012/04~2015/03 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 講師
4. 2015/04~ 愛知学院大学 薬学部 応用薬理学 准教授
5. 2015/04~ 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 准教授
学会発表
1. 2018/07 Effects of angiotensin II on excitatory synaptic transmission in rat nucleus tractus solitarius neurons(第18回国際薬理学・臨床薬理学会議)
2. 2018/06 ラット孤束核における興奮性シナプス伝達に対するアンギオテンシンⅡの作用(第64回日本薬学会東海支部大会)
3. 2017/03 ラット孤束核2次ニューロンにおけるL-DOPAの興奮性シナプス伝達に対する作用(第90回日本薬理学会年会)
4. 2016/07 孤束核におけるL-DOPAの微小興奮性シナプス後電流に対する作用(日本薬学会東海支部総会・大会)
5. 2015/03 ラット孤束核2次ニューロンにおけるグルタミン酸シナプス伝達に対するシナプス前NMDA受容体の生理的役割(第88回日本薬理学会年会)
全件表示(19件)
所属学会
1. 1996~ 日本薬理学会
2. 2004/04~ ∟ 学術評議委員
3. 1998/02~ 日本薬学会
4. 2002/04~ 日本生理学会
著書・論文歴
1. 2017/09 論文  L-DOPA inhibits excitatory synaptic transmission in the rat nucleus tractus solitarius through release of dopamine.  (共著) 
2. 2017/05 論文  Hippocampal Cholinergic Neurostimulating Peptide as a Possible Modulating Factor Against Glutamatergic Neuronal Disability by Amyloid Oligomers.  (共著) 
3. 2016/03 論文  Reversal of morphine-induced respiratory depression by doxapram in anesthetized rats.  (共著) 
4. 2016/03 論文  Mechanisms of pentazocine-induced ventilatory depression and antinociception in anesthetized rats.  (共著) 
5. 2015/11 論文  Effects of prostaglandin E2 on synaptic transmission in the rat spinal trigeminal subnucleus caudalis.  (共著) 
全件表示(23件)
講師・講演
1. 2008/11 中枢性鎮咳薬の作用機序の解明に向けて(名古屋)
2. 2010/01 中枢性鎮咳薬であるコデインの作用機序の解明に向けて(名古屋)
3. 2014/10 日本初の画期的新薬たち~日本人科学者たちの活躍~(日進市)
4. 2014/11 日本初の画期的新薬たち~日本人科学者たちの活躍~(津島市)
資格・免許
1. 1996/05 薬剤師免許
2. 2016/07 実用英語技能検定 準1級
受賞学術賞
1. 2003/03 日本薬理学会 第7回The Japanese Journal of Pharmacology優秀論文賞
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.