イノウヨシカズ
  伊納義和 薬学部 薬品分析学 講師

現在の専門分野
  リポソーム、遺伝子治療, アレルギー (キーワード:生物物理学) 
学歴(学位)
1. 名古屋市立大学大学院 薬学研究科 博士課程単位取得満期退学 薬学博士
職歴
1. 2006/01~2007/03 愛知学院大学 薬学部 薬品分析学 助手
2. 2007/04~2010/08 愛知学院大学 薬学部 薬品分析学 助教
3. 2010/09~ 愛知学院大学 薬学部 薬品分析学 講師
4. 2012/04~ 愛知学院大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 講師
学会発表
1. 2017/03 正電荷リポソームによるマスト細胞活性化抑制機構の解明(日本薬学会第137年会)
2. 2016/11 正電荷リポソームによるマスト細胞活性化の抑制とそのメカニズムの解明(第38回生体膜と薬物相互作用シンポジウム)
3. 2016/11 膵島α細胞の分泌顆粒動態に及ぼす接着分子CADM1の影響(第54回日本生物物理学会年会)
4. 2016/09 Activation of calcium signaling by egg white derived peptides induces skeletal muscle hypertrophy(第89回日本生化学会大会)
5. 2016/09 生物発光イメージング法を用いた膵島α細胞からのグルカゴン分泌の解析(第25回日本バイオイメージング学会学術集会)
全件表示(41件)
所属学会
1. 2001/04~ 日本生物物理学会
2. 2003/04~ 日本薬学会
3. 2006/04~ 日本バイオイメージング学会
4. 2006/04~ 日本生化学会
5. 2007/04~ 米国細胞生物学会
全件表示(8件)
社会における活動
1. 2010/06 オープンキャンパス 研究室見学
2. 2010/09 模擬講義 東海南高等学校 「薬学部と薬剤師」
3. 2011/04 オープンキャンパス 個別面談
4. 2011/06 オープンキャンパス 研究室見学
5. 2011/06 オープンキャンパス 個別面談
全件表示(15件)
著書・論文歴
1. 2017 論文  Gene transfection efficiency into dendritic cells is influenced by the size of cationic liposomes/DNA complexes.  (共著) 
2. 2017 論文  Visualization of glucagon secretion from pancreatic alfa cells by bioluminescence video microscopy: identification of secretion sites in the intercellular contact regions.  (共著) 
3. 2016 論文  Effect of cell adhesion molecule 1 expression on intracellular granule movement in pancreatic alpha cells  (共著) 
4. 2015 論文  Phosphorylation of syntaxin-3 at Thr 14 negatively regulates exocytosis in RBL-2H3 mast cells  (共著) 
5. 2015 論文  Effects of PIP2 on membrane fusion between mast cell SNARE liposomes mediated by synaptotagmin2.  (共著) 
全件表示(15件)
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.