コンドウヒサタカ
  近藤久貴 歯学部 薬理学 講師

現在の専門分野
  活性酸素種誘導性の破骨細胞活性化シグナルへのASK1関与の検討, 骨芽細胞における交感神経系を介した時計遺伝子発現に関する分子薬理学的研究, 活性酸素による破骨細胞制御の分子機構の解明, 骨芽細胞における交感神経系を介した時計遺伝子発現に関する分子薬理学的研究 (キーワード:骨代謝) 
学歴(学位)
1. 1995/04~2001/03 愛知学院大学 歯学部 卒業
2. 2001/04~2005/03 東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 博士課程修了 博士(医学)(分子薬理学)
職歴
1. 2005/04~2005/09 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 分子薬理学 ポスドク研究員
2. 2005/10~2007/10 NASAエームズ研究所 ポスドク研究員
3. 2007/11~2013/03 愛知学院大学 歯学部 薬理学 助教
4. 2013/04~ 愛知学院大学 歯学部 薬理学 講師
5. 2014/04~2015/03 ミズーリ州立カンザスシティ大学 口腔生物学講座 客員研究員
学会発表
1. 2012/09 Beta-adrenergic signaling directly stimulates osteoclastogenesis via reactive oxygen species.(The 1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting.)
2. 2012/09 Comparison of beta-adrenergic and glucocorticoid signaling on clock gene and osteoblast-related gene expressions in human osteoblast and osteosarcoma cell.(The 1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting.)
3. 2012/09 Experimental tooth movement-induced osteoclast activation is regulated by sympathetic signaling.(The 1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting.)
4. 2012/09 Generation of osteoclast circadian rhythm by glucocorticoid.(The 1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting.)
5. 2012/07 Glucocorticoids generate osteoclast circadian rythm.(第30回日本骨代謝学会)
全件表示(36件)
所属学会
1. 日本時間生物学会
著書・論文歴
1. 2012/02 論文  Comparison of beta-adrenergic and glucocorticoid signaling on clock gene and osteoblast-related gene expressions in human osteoblast.  (共著) 
2. 2011/12 論文  MURF1 deficiency suppresses unloading-induced effects on osteoblasts and osteoclasts to lead to bone loss.  (共著) 
3. 2010/09 論文  Contimuous treatment with a low dose beta-agonist reduces bone mass by increasing bone resorption without suppressing bone formation  (共著) 
4. 2010/03 論文  Effects of capsaicin-induced sensory denervation on bone metabolism in adult rats  (共著) 
5. 2010/01 論文  Oxidative stress and gamma radiation-induced cancellous bone loss with musculoskeletal disuse.  (共著) 
全件表示(12件)
講師・講演
1. 2004/03 Sympathetic nervous system involved in unloading-induced bone loss.(大阪)
2. 2008/09 The Effects of Spaceflight during Foton M3 on Gamma Radiosensitivity of Bone and Cartilage Tissues.(東京)
3. 2010/07 Sympathetic signal accelerate osteoclastogenesis through the reactive oxygen species.(松本)
研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2011/03  骨芽細胞における交感神経系を介した時計遺伝子発現に関する分子薬理学的研究  基盤研究(C) 
2. 2008/07~2010/03  活性酸素種による破骨細胞制御の分子機構の解明  若手研究スタートアップ 
3. 2010/04~2012/03  活性酸素種誘導性の破骨細胞活性化シグナルへのASK1関与の検討  若手研究(B) 
4. 2012/03~  交感神経活動による骨形成低下における抗酸化剤の影響  若手研究(B) 
5.   メカニカルストレスによる骨代謝制御  研究テーマ 
全件表示(6件)
受賞学術賞
1. 2004/10 第26回アメリカ骨代謝学会 プレナリーポスター賞
2. 2007/07 第13回国際放射線学会 トラベルグラント賞
3. 2007/07 第18回NASA宇宙放射線研究者ワークショップ 準優勝ポスター賞
4. 2007/09 第28回アメリカ骨代謝学会 トラベルグラント賞
5. 2011/07 第29回日本骨代謝学会 優秀ポスター賞
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.