ヨシオカフミ
  吉岡文 歯学部 有床義歯学 講師

主要学科目
歯科補綴学
学歴(学位)
1. 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 修了 歯学博士
職歴
1. 2010/04~ 愛知学院大学 歯学部 有床義歯学 講師
学会発表
1. 2016/07 2種類の咬合力における咬合接触状態が咀嚼能力に及ぼす影響(日本補綴歯科学会学術大会)
2. 2016/06 顎義歯の言語機能評価に関する研究(第3報) 軟口蓋欠損症例について(日本顎顔面補綴学会学術大会)
3. 2016/06 眼瞼形成術後に眼窩エピテーゼにて補綴した1症例(日本顎顔面補綴学会学術大会)
4. 2016/06 脳血管障害および神経筋疾患患者に対する摂食嚥下リハビリテーションにおける舌接触補助床の有効性(日本顎顔面補綴学会学術大会)
5. 2015/11 3Dモデリング法を用いたエピテーゼ製作法について(日本歯科医学会総会)
全件表示(49件)
所属学会
1. International anaplastology association
2. 日本顎顔面補綴学会
3. 日本口腔インプラント学会
4. 日本磁気歯科学会
5. 日本全身咬合学会
全件表示(7件)
著書・論文歴
1. 2017/01 論文  皮弁再建後の無歯顎の顎欠損に対して顎義歯により機能回復を図った一例  (単著) 
2. 2016/12 論文  二種のシリコーン材料を用いて製作したエピテーゼの臨床評価  (共著) 
3. 2016/08 論文  Innovative approach for interim facial prosthesis using digital technology  (共著) 
4. 2016 著書  Journal of Prosthodontics on Complex Restorations  (共著) 
5. 2015/12 論文  下顎骨切除患者における下顎運動に関する検討  (共著) 
全件表示(30件)
講師・講演
1. 2012/06 エピテーゼ製作におけるデジタルテクノロジーの活用(名古屋)
資格・免許
1. 2000 歯科医師免許
研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04  3Dモデリング法を応用したエピテーゼ製作の簡便化に関する研究  若手研究B 
2. 2010/04~2011/03  CAD/CAM法を応用したエピテーゼ製作システムの開発について  個人研究 
海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計 2 回
 在留期間2週間未満のもの   計 3 回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  2 回  2 回
 外国機関  10 回  10 回
 文部科学省・日本学術振興会  0 回  0 回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0 回  0 回
 所属機関  0 回  0 回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0 回  0 回
 自費  0 回  0 回
 計  12 回  12 回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語 
 論文の執筆に主に用いる言語   英語 
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.