イシダトモノブ
  石田倫識 法学部 所属教員 教授

現在の専門分野
  刑事法学 (キーワード:黙秘権、被疑者取調べ、接見交通権、未決拘禁、起訴の基準、自白の証拠能力、刑事再審) 
主要学科目
刑事訴訟法
学歴(学位)
1. 九州大学 博士課程単位取得満期退学
職歴
1. 2006/04~2007/03 九州大学 法学部 助手
2. 2007/04~2008/03 九州大学 法学部 助教
3. 2008/04~2011/03 愛知学院大学 法学部 講師
4. 2011/04~2018/03 愛知学院大学 法学部 准教授
5. 2018/04~ 愛知学院大学 法学部 教授
全件表示(6件)
学会発表
1. 2018/05/27 被疑者取調べと捜査弁護の在り方――イギリスにおける捜査弁護を手掛りに(日本刑法学会)
2. 2017/05/21 弁護人の接見交通権(日本刑法学会)
3. 2016/05/22 刑の執行停止(原確定判決の失効時期)(日本刑法学会)
4. 2015/10/10 被疑者取調べをめぐる諸問題(日本刑法学会 名古屋部会)
5. 2015/05/24 被疑者取調べと接見交通権(日本刑法学会)
全件表示(13件)
所属学会
1. 2003/04~ 日本刑法学会
著書・論文歴
1. 2019/01 論文  自白の証拠能力――自白法則と違法収集証拠排除法則  (単著) 
2. 2018/05 著書  接見交通権の理論と実務  (共著) 
3. 2018/05 論文  捜査機関による接見内容の聴取  (単著) 
4. 2017/06 論文  録音・録画記録媒体を実質証拠として用いることの許否とその条件  (単著) 
5. 2017/04 論文  被疑者・被告人の防御主体性――黙秘権を手掛かりに  (単著) 
全件表示(67件)
講師・講演
1. 2015/04 刑事免責制度導入の問題点(参議院議員会館)
2. 2015/06 弁護権保障と取調受忍義務論(弁護士会館)
3. 2016/11 可視化時代の弁護実践のあり方を考える(TKP名古屋駅前カンファレンスセンター)
4. 2016/11 黙秘権保障と自白法則(名古屋能楽堂)
5. 2018/03 コメント:「龙宗智『刑事公判における証拠調べ規則の整備について』」(中国人民大学明徳法学棟601国際学術報告ホール)
全件表示(11件)
研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2008/03  未決拘禁の比較法的・総合的研究  基盤研究(B)  (キーワード:代用監獄、保釈、逮捕、勾留、受刑者、未決拘禁、監獄法改正)
2. 2009/04~2012/03  裁判員裁判時代における未決拘禁改革  基盤研究(B)  (キーワード:代用監獄、取調べ可視化、国民参与裁判、未決拘禁、被疑者取調べ、裁判員)
3. 2016/04~2019/03  実効的な黙秘権保障に向けた理論的・比較法的研究  若手研究(B)  (キーワード:刑事法学、刑事訴訟法、黙秘権)
4. 2017/04~2020/03  刑事再審手続法改革のための実証的、比較法的研究  基盤研究(B) 
5. 2018/04~2021/03  実効的な防御権の保障のための実証的、比較法的研究  基盤研究(C) 
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.