ホリエタク
  掘江卓 歯学部 保存修復学 講師

現在の専門分野
  キーワード:歯学 
学歴(学位)
1. 2008/04~2012/03 愛知学院大学 歯学研究科 歯科保存学専攻 博士課程修了 博士(歯学)
職歴
1. 2010/04~2014/09 愛知学院大学 歯学部 保存修復学 助教
2. 2014/10~ 愛知学院大学 歯学部 保存修復学 講師
学会発表
1. 2017/12 CO2レーザー(波長10.6または9.3μm)照射したエナメル質の耐酸性に関する研究(日本歯科保存学会)
2. 2017/12 Er:YAGレーザー照射した象牙質に対して良好な接着性を示すレジン接着システムの開発 各種歯面処理がレジン添加型グラスアイオノマーセメント系ボンディング材に及ぼす接着促進効果について(日本レーザー歯学会)
3. 2017/09 A case of minimally invasive esthetic direct restoration for fractured crown with an accidental pulp exposure capped with a Light-cured MTA-based pulp capping material.(IFED)
4. 2017/09 A case of minimally invasive esthetic direct restoration for fractured crown with an accidental pulp exposure capped with an adhesive.(IFED)
5. 2016/12 CO2レーザー(波長9.3μm)照射したエナメル質の表面性状変化に関する研究(第2報) 三次元形状解析(日本レーザー歯学会)
全件表示(38件)
所属学会
1. 2005/05~ 日本歯科保存学会
2. 2005/11~ 日本接着歯学会
3. 2006/04~ 愛知学院大学歯学会
4. 2007/10~ 日本歯科審美学会
5. 2017/06 ∟ 代議員
全件表示(6件)
著書・論文歴
1. 2017/12 論文  各種インジェクタブルおよびペーストタイプのコンポジットレジンの二軸曲げ強さ  (共著) 
2. 2017/12 論文  Er:YAGレーザー照射象牙質に対する酸コンディショニングとプライミングを併用した3ステップ・レジン添加型グラスアイオノマー系ボンディング処理がレジンの初期接着性に及ぼす影響  (共著) 
3. 2016/12 論文  種々のエネルギー密度でCO2レーザー(波長9.3μmおよび10.6μm)照射したエナメル質の形態の変化  (共著) 
4. 2016/12 論文  【レーザーによる硬組織切削】 レーザーが先導する歯の硬組織治療イノベーション 管理型予防治療への適応からレーザー専用ボンディング材の開発まで  (共著) 
5. 2016/07 論文  【MTAの潮流と展望】 直接覆髄材としてのMTA(解説/特集)  (共著) 
全件表示(10件)
教育方法の工夫・教科書作成
●教育方法の実践例
1. 2010/04~ 実習:硬組織疾患の病態と治療
2. 2010/04~ 臨床予備実習•臨床実習
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2015/10/27~2015/10/27 評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2011/04~2012/03 平成23年度臨床研修歯科医師指導医
2. 2015/09 審美歯科診療部医局長
資格・免許
1. 2005/05/25 歯科医師免許
学外委員会・協会等
1. 2015/11~ 日本歯科保存学会 う蝕治療ガイドライン作成委員会 委員
2. 2017/06~ 日本歯科審美学会 規則検討委員会 委員
3. 2018/06~ 国際歯科学士会(ICD)日本部会 フェロー
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.