イシダ ナオタカ   ISHIDA Naotaka
  石田 直章
   所属   心身科学部 健康科学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 障害者に対するレジスタンス・トレーニングの効果
(2)神経・筋疾患の場合
執筆形態 単著
掲載誌名 名古屋芸術大学研究紀要 29 pp.1~35
掲載区分国内
巻・号・頁 29,1-35頁
著者・共著者 石田直章
概要 神経・筋疾患は筋委縮や筋力低下を伴う重篤な症状を呈する障害であ
る。本研究の対象者は、その中でも筋原生筋委縮症であるシュルコマリートゥース症の患者であり、レジスタンス・トレーニングに取り組む前は、全く自律立位が困難な状態であった。約5年間のトレーニングの結果、自立歩行の回復を始め、ベンチプレス競技でパラリンピックを狙える程に回復した。本論文では、その経過を時間を追って記述し、回復のメカニズムに対する考察を加えた。