イシダ ナオタカ   ISHIDA Naotaka
  石田 直章
   所属   心身科学部 健康科学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1993/08
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 二分脊椎症児の姿勢調節に関する一考察
執筆形態 共著
掲載誌名 リハビリテーション医学
掲載区分国内
出版社・発行元 リハビリテーション医学会
巻・号・頁 30,563-566頁
著者・共著者 三田勝己・石田直章・赤滝久美・伊藤晋彦・小野芳裕・沖 高司
概要 二分脊椎症児は、下肢の弛緩性麻痺ゆえに、立位時や歩行時の身体の揺れが大きい。本研究では、この揺れを客観的に評価するために、重心動揺計を用いて測定を行った。その結果二分脊椎症児の身体動揺量は、左右方向よりも前後方向に大きく現れることがわかった。また、それぞれの障害レベルにあわせた装具を着用することで、身体動揺量を減少させることができることを確認した。適切な装具の着用は姿勢安定に有効である。